耳の奥が痛い原因ってなに?頭痛やめまいが起こった時の対処法を教えて?

耳を押さえる外国人の子供

プールや海で泳いでいる時に耳に水が入ってしまい後に耳が痛くなり、必死に水を出そうとした経験はないですか?

耳の中に水が入ると奥の方が痛くなったり頭に響く感じがしてとても気持ち悪いんですよね。でも、耳が痛くなるだけでなく、頭痛やめまいなどの症状が起こったら水だけの問題ではなさそうな気がしませんか?プールや海水浴の時だけでなく、普段生活している時に耳の奥が痛くなってしまう原因とは一体何なのでしょうか。

スポンサードリンク

そんな本日は、耳の奥が痛くなる原因、そして頭痛やめまいが起こった場合の対処法について詳しく解説していきます。

耳の奥が痛む原因とは?

普段、生活しているときに耳の奥が痛くなると不安になってしまうと思います。

耳は相手の声や自分の声を聞くことができる器官ですし、コミュニケーションを図る時に大切な役割があります。

そんな大事な耳なわけですが、奥の方が痛む場合の原因についてさっそく見ていきましょう。

ストレス

どんな病気でもストレスが密接に関わることで発症してしまう場合があります。

ストレスが溜まりすぎると自律神経のうち興奮作用が優位になる交感神経が活発になります。

交感神経が活発になると緊張した状態になるために、血の流れが悪くなってしまいます。

血の流れが悪いと、血の流れによって運ばれる酸素が筋肉に十分運ばれません。

筋肉というのは、全身に当てはまることですが、ここでは首や肩の筋肉が硬くなってしまい、後頭部にある後頭神経という部分を圧迫してしまいます。

後頭神経が圧迫されることで、耳の奥に痛みを感じるというメカニズムになります。

耳の奥の痛み以外にも、首や肩が硬くなることで頭痛なども起きやすくなるんです。

耳掃除のしすぎ

みなさんは耳掃除をどのくらいの割合でしていますか?

耳掃除はとても気持ち良いのですが、やり過ぎてしまうと耳の奥が痛くなってしまうことがあります。

実は、耳ってとっても繊細な場所って知ってましたか?

耳掃除の際に刺激を与えてしまうと耳の中が傷ついてしまい、傷ついた部分から菌が入ってしまうと外耳炎・中耳炎を起こしてしまうんです。

耳掃除は、週1回程度がちょうど良いと思いますね。

綺麗にするのは良い事なんですが、やり過ぎも良くありません。

気圧の変化

気圧の変化によって耳だけでなく、体調が悪くなるというのを聞いたことはありませんか?

特に飛行機に乗った際に耳の奥が痛くなることがありますよね。

これは気圧の変化が耳の痛みを引き起こしているのです。

気圧の変化では中耳という部分が関与しています。

中耳という部分は、空気の通り道である空洞が耳の奥の方までつながっているので、気圧の変化が起こると、空気の通り道である中耳で空気が通りにくくなってしまい、耳の奥が痛くなります。

この中耳の通り道がもともと狭い方は、気圧の変化で耳の奥に痛みが出やすいんです。

リンパ節の腫脹

耳の奥が痛くなった際に首にあるリンパ節が腫脹してしまっている場合があります。

首のリンパ節が腫脹する原因として最も多いのが肩こりで、リンパ節が腫脹してしまうと耳にも悪影響を及ぼします。

肩こりの際にリンパ節が腫脹してしまう原理をお話していきましょう。

肩がこるとリンパ節の中を流れているリンパ液という液体が滞って、溜まってしまうんです。

リンパ液が滞ってしまうと、リンパ節が腫脹して、痛みが出てきます。

喉の炎症

のどが痛い時になぜ、耳の奥まで痛くなってしまうのでしょうか。

舌咽神経という神経が耳の奥にあるんですね。

この神経は、痛みを感じる神経なんですが、舌咽神経が何らかの原因で圧迫されてることで、耳の奥に痛みを感じるのです。

その何らかの原因というのが、風邪などのウイルスで喉に炎症が起きた際です。

その他

顎関節症などの歯や口腔内の炎症から痛くなることもあります。

はじめにお話したように耳に入った水も原因の1つとなります。

そして、最近では音楽を聴きながら歩く方も多いので、イヤホンの使用により、耳が痛くなることもあります。

 
【関連記事】

耳の上が痛い!頭痛や腫れ・しこり・押すと痛む場合の原因と治し方は?

2017.10.21

耳の奥の痛みと同時に頭痛やめまいが起きた場合に考えられる病気は?

女性の耳

原因でもお話したように、耳の奥が痛い場合にはストレスによる影響が一番大きいと思います。

特に20代~30代の世代では、肉体的、精神的なストレスを受けることが多く、そのために耳が痛くなることが多いんです。

ストレスに関連した耳の奥に痛みが出る病気をひとつずつ詳しく解説していきましょう。

メニエール病

メニエール病というのは、耳の奥の痛み、耳鳴り、難聴、めまい、吐き気が繰り返される病気です。

睡眠不足や疲労、気圧の変化、性格(几帳面)やストレスによって、リンパ液が調整できなくなり、リンパ水腫という状態になってしまいます。

スポンサードリンク

リンパ水腫が神経を圧迫することで起こる病気なんです。

突発性難聴

この病気は、突然耳が聞こえにくくなってしまう病気です。

耳鳴りや耳の奥の痛み、耳が詰まった感じ、めまいなどの症状が出る方もいます。

耳で音を聴く際には、中耳の耳小骨に伝わった振動が内耳の蝸牛のリンパ液に伝えられます。

そして脳へ伝わる電気信号へ変えられる有毛細胞へ届き、正しく動く必要があるのです。

この有毛細胞になんらかの異常があると、耳が聞こえなくなってしまうのです。

突発性難聴では、耳が聞こえにくくなったらすぐに治療するほど聴力の改善は良いです。

ストレス関与以外の病気

中耳炎

耳には、外耳、中耳、内耳の3つに分れています。

中耳炎は鼓膜の内側にある中耳の部分に細菌やウイルスが侵入し、炎症を起こしてしまう病気です。

中耳炎は耳管からの感染の場合が多いと言われています。

その原因は、両側の鼻を同時にかんだり、鼓室という部分に水が入ることで起こってきます。

中耳炎には「急性中耳炎」「滲出性中耳炎」の2種類があり、急性中耳炎では、38℃以上の発熱、耳の奥の痛みが起きてきます。

その一方で、滲出性中耳炎は耳鳴り、耳が詰まる感じ、難聴、耳が痛い、耳だれなどの症状が起きます。

顎関節症

顎関節症は、大きく開口できない、顎ががくがくしてしまい音がする、噛みにくいという症状が起こります。

顎関節症が起こる原因を簡単に説明すると、顎の関節に強い力がかかることで起こると言われています。

顎関節症が起こる原因をいくつか上げておきます。

 

  1. 虫歯や歯の不具合を治療していなかった
  2. 歯並びが悪いことで歯の噛み合わせが悪い
  3. 歯ぎしりや強く噛んでしまう癖がある

  4. ストレスなどによって強い力がかかってしまう

 

などが原因で起こる可能性があります。

顎関節症が悪化してしまうと、開口時に耳まで痛みが伝わってしまいますし、耳の痛みだけでなく、耳鳴り、聴力の低下などの症状も出てきます。

そして、顎関節症では、食生活がとても重要になってきます。

食べ物を食べる時に片側の歯だけで噛んでしまったり、歯ぎしりやくいしばることで顎に力をかけてしまうんです。

あごに負担をかけるようなことを軽減することが大切ですね。

片頭痛

片頭痛は、はっきりした原因は分かっていませんが、ストレスや疲れなどから起こることが多いです。

女性ホルモンに関係しているのか、女性に起きやすいのも特徴ですね。

片頭痛では、頭痛以外に耳鳴り、耳の奥の痛み、吐き気などを起こすことがあります。

後頭神経痛

後頭神経痛という病気は”神経痛”の1種です。

急に、耳の付け根から後頭部が痛くなったり、じんじんする痛みが起こり、痛みの感覚は数秒から数時間、持続は数日から数週間となります。

この病気の原因は、姿勢の悪さや頸椎の変形、猫背、長時間机に向かったりパソコン作業をする、携帯電話を使い続けるなどがあります。

また、後頭部から首の筋肉が緊張した状態であれば、神経が圧迫されて痛みを起こすこともあります。

咽頭炎

急性咽頭炎は、のどの粘膜やリンパに炎症が起きる病気です。

空気の乾燥や粉じんなどが原因で風邪と同じような症状が起こります。

慢性咽頭炎は、鼻が詰まっている時に口呼吸をしていると起こってきます。

最近、PM2.5や黄砂などのニュースを耳にすることがありますが、それらも咽頭炎の発生に影響を及ぼしているんです。

咽頭炎では、喉が痛い、咳や痰がでるなどの症状が起こる他、喉の痛みが耳にまで伝わり、耳の奥が痛くなってしまいます。

のど、鼻、耳は密接に関係していることからこのような症状が現れます。

耳の奥が痛む場合の対処法を教えて?

最後に耳の奥が痛む場合の対処法について見ていきましょう。

気圧の変化による耳の奥が痛む場合には、酔い止め薬がとても良く効くと言われています。

ではどうして酔い止め薬が効くのでしょう。

気圧の変化による症状は、酔いの際の症状と類似しているからなんです。

酔い止めの作用でも内耳にあるリンパ液の興奮、さらには神経への刺激を抑える効果があるんですよ。

そのため、とてもよく効くと言われているんですね。

耳掃除が原因の場合には、耳掃除を週1回程度にし、やり過ぎないようにしましょう。

歯が原因での耳の痛みの際には、歯科にて早めに治療を受けるようにしましょう。

歯列矯正や親知らずを抜くなどして、歯並びを整えたり、顎関節症、虫歯などの治療をするようにしましょう。

耳の病気が原因で耳が痛い際には、早目に耳鼻科を受診することがもちろん良いのですが、すぐに病院を受診できない場合には市販の鎮痛剤で対処して様子を見ることもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

耳の奥が痛む場合の原因と吐き気やめまいが起こる場合の対処法について詳しくご紹介しました。

耳の奥が痛いだけで考えられる病気もたくさんあることに驚いてしまったんじゃないでしょうか。

さらに耳の奥の痛みやその他の症状とストレスは密接な関係にあったということも分かったんじゃないかと思います。

ストレスだけが直接の原因ではありませんが、耳の症状にはストレスが密接に関連していることが分りました。

日々の生活でストレスが溜まることは仕方のないことですが、上手く発散させるなどして自身の健康管理をしっかり行なっていきたいですよね。

スポンサードリンク