妊娠中に頭痛薬を飲んでも大丈夫?カロナールやロキソニンを飲むときの注意点とは

妊娠中の頭痛に悩む女性

現在、妊娠している方はとてもおめでたいことですし、家族がひとり増えるということでいろいろな楽しみも増えますよね。ですが、女性にとって妊娠するということは嬉しいことや楽しいことだけではありません。

男性には分からない体調の変化や不調が次から次に襲ってきます。子供を産むということはまさに命を削ることだということを男性にもわかってもらいたいものです。

スポンサードリンク

さて、話がそれてしまいましたが妊娠中に不調として現れるのが頭痛です。ですが、妊娠中に市販薬や処方されたお薬を飲むのって女性からするととても不安なことなんです。妊娠していないときなら迷わずすぐにお薬を飲んで痛みを緩和することが出来ますが、お腹に赤ちゃんがいるとなると安易にお薬を飲むことは出来ません。

ここが気になる点だと思いますので、今日は妊娠中に頭痛薬を飲んでも大丈夫なのかどうかについていろいろな角度からご紹介したいと思います。

妊娠中に頭痛が起こる原因を教えて?!

妊娠中におきやすい頭痛は緊張型頭痛偏頭痛が多いと言われています。
それではなぜ妊娠中にそれらの頭痛が起きやすくなるのかその原因についてみていきたいと思います。

自分がどちらの頭痛に属しているのかをまずは知ってくださいね。

緊張型頭痛になる原因とは?

妊娠中は体を動かす時間が少なくなって来ます。
妊娠初期の頃は、まだ仕事も出来ますし、動き回ることも出来ますが、妊娠中期辺りになってくると以前のように体を動かす機会もかなり減ってくると思います。そうなると全身の血の巡りが悪くなり、肩や首の筋肉がこわばったり、緊張状態を持続するようになりそのうち頭痛が誘発されるようになります。

あと妊娠を一度経験したことがある人はすでに知っているかもしれませんが、妊娠中は鉄分不足になりがちです。あまりにも鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になり、それが原因で緊張型頭痛を引き起こすようになるんです。

偏頭痛になる原因とは?

もともと偏頭痛は女性に多い頭痛と言われていて、女性ホルモンの乱れや騒音、人混み、香水の匂いなどが原因で引き起こされる場合もあります。

妊娠中はとくに女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えることでバランスが崩れやすくなり、脳の血管が拡張して頭痛を誘発します。

妊娠中にカロナールを飲んでも大丈夫?

女性が妊娠をすると、毎日の生活の中で変化が訪れて何かと大変ですよね。ですが、赤ちゃんが生まれてくるのを待つのはとても楽しみなことです。

しかし、女性ホルモンの乱れによる抜け毛など、悩みも尽きません。
妊娠中に特有である悩みといえば、お薬を飲んでも大丈夫なのかということが挙げられるでしょう。

これは大変気になってしかるべき問題です。
いくら妊娠中の女性だからと言って、出産するまでのあいだ、まったく病気にならないとはいえません。むしろ、妊娠していない人よりもいろいろと問題は起こりやすいといえるかもしれませんよね。

 
関連記事:排卵日に起こる頭痛やその他の症状!妊活中にお薬を飲んでも大丈夫?

これはずばり、そのお薬次第であると言えるかと思います。
さすがに妊娠中のアルコール摂取や喫煙などは止めた方がいいですが、お薬であるならば、ダメな薬もあれば、服用しても一向に差し支えのないお薬もあるのです。

服用しても一向に差し支えのない薬の一例が、カロナールです!
カロナールは「アセトアミノフェン」という主な成分から作られたお薬です。アセトアミノフェンを主成分としたお薬は妊婦さんが飲んでも効果が弱いので胎児への影響はまったく問題ありません。

事実、妊娠中の女性に対して、医師がカロナールを処方する場面はけっこう見られることです。もしカロナールがダメなのであれば、大変なことになってしまいますよね?

ただし、ここで注意がひとつあります。
妊娠初期から中期にかけてはカロナールを飲んでも問題はありませんが、胎児の成長が進んでいる妊娠後期にカロナールを飲むのは念の為、止めておいた方がいいでしょう。

妊娠後期にカロナールを飲むことで胎児の動脈に異常をきたし「新生児遷延性肺高血圧症」を発症する恐れがあります。カロナールは妊娠中の頭痛薬としてはとても重宝されていますが、妊娠後期に飲むのは念の為に止めておいた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

それでは、カロナールはともかくとして、ほかの薬はどうなのでしょうか?
カロナールも市販薬として販売されており、薬局などで購入することが出来るお薬です。そこで、カロナール以外の市販薬についても、はたして妊娠中の女性が使用してみても大丈夫なのか否かをチェックしていくことといたしましょう。

あなたがもし妊娠中であって、飲んでいるとしたら、その薬は大丈夫?

妊娠中にロキソニンを飲んでも大丈夫?

妊娠初期~中期にカロナールを飲んでも大丈夫なのは分かりました。
頭痛を緩和するお薬といったらロキソニンもかなり有名ですよね。そのロキソニンを妊娠中に飲んでも大丈夫なのかどうかが気になると思います。

結論から言いますと、ロキソニンは妊娠中に飲まない方がいいでしょう。
まずロキソニンは妊娠中に飲んでも大丈夫な頭痛薬として保証されていません。どうしてもロキソニンを飲みたい場合はかかりつけの産婦人科でしっかりと聞いてから服用するようにしてください。ですが、カロナールと同様に妊娠後期(8ヶ月目以降)は自己判断で飲むことは止めてください。

妊娠中は頭痛薬に限らず体の不調を改善するお薬を飲むときはお医者さんに相談してから服用すると頭に入れておいて下さい。自己判断で勝手に飲んでしまうとお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性も出てきます。

妊娠中に市販の頭痛薬を飲んでも大丈夫?

kusuri

妊娠中の女性が市販薬を買い求める理由というものは、人によってさまざまではないかと思われます。なにしろ、妊娠すれば、妊娠しなかった頃にはなかったような疲れや倦怠感などに襲われることが増えてきますからね。

ここでは、市販の頭痛薬について見ていきたいと思います。
市販の頭痛薬を妊娠中の女性が飲んだりしても、大丈夫なのでしょうか?これはケースバイケースで、服用していいお薬とそうではないお薬とがあるのです。先ほどもご説明しましたが「アセトアミノフェン」を主成分として作られているお薬なら基本的に妊婦さんでも服用することが出来ます。

アセトアミノフェンを主成分としている市販薬は「ノーシン」「タイレノール」などですね。この2つは妊婦さんでも服用可能で、市販で購入することが出来ます。ですが、妊婦さんでも飲んで大丈夫だからといって安易に飲まずに念の為にお医者さんに相談するようにしてください。

妊娠中の自己判断ほど危険なものはありませんからね!

では、まったく逆に妊娠中の女性が服用しない方がいい薬にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、まっさきに挙げられるものに、アスピリンがあります。頭痛薬とくればアスピリンと言ってもいいくらい、メジャーな薬として知られていますよね。

しかし、妊娠中だけは使用することは差し控えましょう。
妊婦さんがアスピリンを含んだお薬を飲んでしまうと奇形児で産まれてくる可能性が高くなってしまいます。頭痛がした場合であっても、薬を飲まなければ治らないわけではありません。ほかにも対処法はございますから、まずはそちらを試してみましょう。

薬を飲むということがもっとも手っ取り早いのは確かです。痛みを軽減したり、体調を良くしてくれるのがお薬の役目ですからね。ですが、妊娠中に服用しない方がいい薬は、ほかにもまだまだ存在します!

たとえば、イブプロフェンがそれです。こちらもかなり有名な頭痛薬ですが、ロキソニンと同様に妊娠中の安全面が確率されていません。イブプロフェンを含んでいる「ルナ」「バファリンルナ」は服用しても大丈夫と言われていますが、どちらかと言えば飲まない方がいいという曖昧なニュアンスになってしまいます。

絶対に飲んではダメ!という頭痛薬ではないですが、服用する前にはお医者さんに相談するようにしてください。

とくにもうすぐ赤ちゃんが生まれるような方であれば、使用するのは避けましょう。これらはくれぐれもよく覚えておいて、無事に出産するまではおあずけにしてください。

まとめ

妊娠中の体の不調は避けては通れないものだと思います。

頭痛に限らず風邪や腹痛、下痢、嘔吐や吐き気なども頻繁に起こる人もいます。その都度、お薬に頼りたくなる気持ちもすごく分かりますが、お腹に命を宿した以上は自分ひとりの体ではありません。

これから産まれてくる赤ちゃんにまで影響が出てきてしまう場合がありますので、自己判断で飲むのだけは絶対にしないようにしてください。どうしても辛い場合は必ずかかりつけのお医者さんに相談する!ということを頭に入れておいてくださいね。

可愛い赤ちゃんが産まれてくるまでもう少しの辛抱ですよ!!

スポンサードリンク