後頭神経痛の症状や原因について!気になる予防法や治し方も一緒にご紹介!

koutoubu
頭痛で悩んでいる方はこの世の中に数え切れないほどいますし、その頭痛の種類にもさまざまなものがあります。痛む場所や身体に起こる症状も人それぞれ違いますし、場所が場所なだけに安易に考えるのはとても危険なことですよね。

そんな本日は頭痛の一種でもある後頭神経痛の原因や症状、そして予防対策、治し方について詳しくご紹介したいと思います。貴方が後頭神経痛でお悩みでしたら是非、参考にしてみてください。

後頭神経痛になる原因とは?

あなたは、後頭神経痛という病気が存在することをご存知でしょうか。
分からないという方であっても、漢字を見れば、だいたい後頭部に関する神経痛らしいということはお分りなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

頭部の痛みはそれだけであっても怖いものですから、後頭部だの神経痛だのとくれば、なおさらではないでしょうか。

それでは、後頭神経痛の症状やその原因を見ていきたいと思います。
後頭神経痛は、文字どおり、後頭部にある神経が影響を受けることによって生じるという痛みになります。痛みの感覚としましては、鈍い痛みというよりも鋭い感じの痛みと言えるかと思います。ですが、痛みの種類や細かな場所は人それぞれ違うので下記に分かりやすくまとめてみました。

 

  1. 後頭部に電流が走るような痛み
  2. 耳の後ろがじりじり痛む
  3. 目の奥が痛む
  4. 後頭部の片方が痛んだり両方が痛む場合がある
  5. 首を左右に振ったりすると痛む
  6. 頭を触ると痛む場合がある
  7. 雨が降ったり天候によって痛む場合がある
  8. 痛みが数日から数週間続く場合がある

 

どちらも困ったものですが、どちらかといえば鋭い痛みのほうが嫌ですよね。

そんな後頭神経痛の原因についても、見ていくことといたしましょう。
頭部にある神経もいろいろありますが、ここで問題になるのは、後頭神経と呼ばれるものです。これが影響を受けることによって、どうなるというのか?

後頭神経のまわりにある筋肉が影響を受け、その筋肉によって後頭神経への影響が起こることになります。そして後頭神経痛へとつながっていくということです。

ではなぜ、後頭神経のまわりにある筋肉が異変を生じるのでしょう。

スポンサードリンク

これには日常における各種のストレスがあげられます。
頭痛といえば、悪いことがあれば「頭が痛い」と表現するほど、心因性のものも少なくない症状です。

後頭神経痛の場合であっても、原因は同じようなものだったのですね。

 
※こちらの後頭神経痛の記事も読まれています。
[blogcard url=”https://zutsuu-taisaku.biz/archives/41.html”]

後頭神経痛の予防と治し方とは?

このように、後頭神経痛は常日ごろからのストレスや過労などによって引き起こされる可能性が圧倒的に高いと言えます。そのため、これを予防するのであれば、些細なことでもストレスをため込まないように留意することがとても重要です。

あなたはもともとストレスが溜まりやすい方でしょうか?それともあまり溜まらないタイプですか?溜まりやすいのであれば、普段からストレスを軽減するよう、注意を払っておくべきでしょう。

身体を動かすことがもっともストレスには効果的であると言えます。
しかし、妊婦の方など、そうもいかないという場合には、笑ったりするなど、別の方法でストレス解消に努めることも大切です。もし、そこまでストレスが溜まったりはしないという人であったとしても、油断してしまうことはくれぐれも避けましょう。

もともと健康に気を配っていた人であっても病気になってしまうということはままあることです。どちらかといえば、こちらのほうが怖いのではないでしょうか?

後頭神経痛の治し方としては、市販の頭痛薬も悪いとは言いませんが、やはり病院へ行き診察を受けるのがベターですね。数ある症状でも、頭痛くらい怖いものもありません。

頭部は五感のすべてが結集しているという、人間の身体の中枢部。
ここに異変があれば、大変なことになりますからね。後頭神経痛であれ、ほかの些細な頭痛であれ、頭部に異変を感じたら、とりあえずは受診してみた方が絶対にいいと思います。

まとめ

後頭神経痛の症状や原因、予防対策や治し方について詳しくご紹介しました。

やはりどんな病気でもストレスが原因となって身体に症状として現れてくるものなんですね。後頭神経痛はストレスが原因とも言えますが、その他にも肩こりや天候の変化(温度)、首をひねったり痛めたり、さらに枕の高さが合っていないということでも起こりえるものです。

普段から自分がどのようなタイミングで頭痛が起こるのかをしっかりと把握して、それに対する予防対策を心がける必要があると思います。そしてどうしても治らない場合は無理をせずにすぐ病院へ行くようにしましょう。専門医に相談することで不安からのストレスも解消されると思いますよ。

スポンサードリンク