長年悩まされた偏頭痛をある2種類の方法で改善!その対策予防法をご紹介!

zu01
偏頭痛でお悩みの方は老若男女問わずたくさんいるのが現実です。
人によって症状や改善方法、予防方法などはまったく違いますし、その方法が自分に効果のあるものかも分かりませんが、同じ頭痛の悩みを持つものとして、何かしらの役に立つということは間違いないと思います。

今回は偏頭痛でお悩みの方からの頭痛体験談をご紹介するので、ご自身の症状と照らし合わせて参考程度に読んでみてください。(必ずしもその改善方法が貴方に効果のあるものというわけではないのでご了承して下さい。)

40代男性会社員の頭痛体験談をご紹介

現在私は44歳の男性会社員ですが、10代から偏頭痛に悩まされてきました。
その時々によって頭痛がひどくなったりと色々あったのですが、最近ある方法で偏頭痛が改善されました。

スポンサードリンク

私の偏頭痛について

私の偏頭痛は小中学生の頃からでした。
この頃の原因はなんとなくわかってます。ゲームのやりすぎと食事を取らないことによるストレスからです。

私の子供の頃ってちょうどファミコンが流行りだした時代なんですよね。ゲームソフトは1つ5000円ぐらいでした。

これって子供が買える金額じゃないんですよね。
しかしそれでもゲームソフトが欲しい私はお昼ご飯代をもらってもお昼ご飯を食べずにいました。

今から思うと親には申し訳ないなって思います。
お昼ごはん代をもらって外食しにいくふりをして30分ほど出かけ、さも食べたかのように自宅に戻るんです。これで1000円ゲットです。

夏休みならこれを一週間繰り返せば7千円、ゲームソフトを毎週一本買ってもお釣りがくるほどです。

しかし当然、夕食まで空腹は続きます。
空腹を我慢しながらゲームをする、こんな生活を送ってるうちに偏頭痛をよく発症させるようになりました。

一度、偏頭痛のクセがついてしまうと、空腹時じゃなくてもストレスで発症するようになったんです。例えば明日が嫌いな授業だとストレスがたまり、当日は偏頭痛でたってられないほどになりました。

ストレスを感じると偏頭痛が発生するという図式へと変化し、つい最近まで偏頭痛を発症してました。しかも偏頭痛の痛さと頻度は年齢と共に増してきました。

偏頭痛のへの対処方法

最初の頃は横になりました。これは学生時代ですね。
この頃の痛みはまだ軽かったので、これでも痛みは改善しました。相当酷い時は吐き気を感じるほどでしたが、基本的に頭痛薬はなしでも耐えられました。

痛みが酷くなりだしたのは20代後半から、一番キツくなったのは30代半ばから最近までです。

20代後半から市販の頭痛薬を飲むようになりました。
大体、頭痛薬を飲めばスッキリしましたね。たまに一回分の頭痛薬じゃ効かないことがあり、1時間経過後にもう一回分追加で飲んだりもしました。

追加の頭痛薬が必要になりだしたのは30代半ばです。
しかもこの頃は2日に1回ぐらいの頻度で頭痛が起こるので、ほんと大変でした。

病院に行ってみたのもこの頃、30代半ばになってからですね。
病院でロキソニンを処方してもらいましたが、まったく効きませんでした。しかし不思議と市販の頭痛薬だと効果はあるんですよね。

これ一件から病院不信となり、病院には行かなくなりました。

スポンサードリンク

頭痛に関係ないと思ってたことが役立った①

ここからは頭痛改善に役立ったかも?と感じることです。

これは2つ、お茶の愛飲とあるサプリの中断です。
お茶に関してですが、もともと私は熱いお茶って嫌いでした。冷たいお水や麦茶をゴクゴク飲むのは好きですが、寒いからといって朝から熱いお茶を飲むとか食後に熱いお茶をのむっていう習慣はなかったんです。

一日トータルでお水の摂取量は2Lとか言われますよね。
大体水で飲むのは1.5Lぐらい、これに食事に含まれる水分をあわせてトータル2Lぐらいだったので、水分不足とかは感じてませんでした。

しかし、最近40歳を超えてから寒さが堪えるようになりました。
その結果、起床時だけでなく、帰宅時にも熱いお茶を飲むようにしました。自宅で過ごしてる時も熱いお茶をすするほどです。

一回作ると500mlぐらい作るようにしてるので、熱いお茶だけで一日1.5L飲むようになりました。
もちろん食事中でも冷たい水は飲みますし、一日トータルだと3L以上飲むようになりました。これが第一の変化です。

頭痛に関係ないと思っていたことが役立った②

次はあるサプリの摂取の中断です。
そのサプリというのは亜鉛サプリです。私ぐらいの中年男性だと服用をしてる人も多いんじゃないでしょうか?

亜鉛って精力増強効果があるんですよね。
35歳ぐらいから私も精力減退を感じ亜鉛サプリを飲みだすようになりました。今から思えば亜鉛サプリを摂取しだしてから頭痛の頻度も多くなったような気もします。

しかし、この頃は頭痛よりも亜鉛サプリ摂取により精力回復効果ばかりに注意を奪われ、まさか頭痛に影響を与えてるとは思ってませんでした。

キッカケはインフルエンザにかかった時に亜鉛サプリの服用をやめたんです。ちょうど亜鉛サプリの在庫が切れたのもあります。

一週間ぐらい亜鉛サプリを飲まないでいると気にならなくなったんですよね。
精力減退は普通感じるんでしょうが、この頃病気に負けないようにと肉を多めに食べていたので精力の変化は感じなかったんです。

熱いお茶を飲むようにして一日の水分摂取量が増えた、亜鉛サプリの服用を中断、この2つのことを実行した結果、偏頭痛の発症頻度が飛躍的に下がりました。

現在の偏頭痛の状況

現在、偏頭痛の発症は全然起こらなくなりました。
30代半ばから最近までの一番酷い時期だと2日に一回ぐらいの頻度で偏頭痛を発症、しかも発症すると頭痛薬を飲まないと耐えれず吐いてしまうほど悪化してました。

これが今だと週1以下のペースなんです。
週単位よりも月に数回あるかどうかの頻度まで落ち着いたのにはビックリです。しかも二回に一回は頭痛薬を飲まなくても耐えれたりするんですよね。

今の所、偏頭痛が改善されてから3ヶ月目です。
私なりに偏頭痛に効果があったと思うことも案外的外れかもしれませんが、効果があるに違いないと信じて今も熱いお茶の愛飲と亜鉛サプリの服用を中断し様子見をしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
40代男性の偏頭痛体験談をご紹介しました。この方は長年の偏頭痛を【熱いお茶を飲むこと】と【亜鉛サプリ】を飲むことで改善することが出来たみたいです。

人それぞれ日々の生活の中に習慣というものがありますが、その習慣を違うものへと変更することで案外簡単に偏頭痛などを改善出来るのかもしれませんね。

ですが、あくまでこの方のパターンなので、貴方自身の頭痛に効果があるとは言えないのでその点は誤解しないようにしてください。

スポンサードリンク