後頭部の頭痛が…?!吐き気やめまいの症状は要注意!

zutuudsadas

頭の痛みにもいろんなものがありますが、
その中でも特に気になるのが後頭部の頭痛ですね。

後頭部の頭痛は何が原因でズキズキ痛むのでしょうか?
まずは原因を解明してそこから対策&対処をしていくのが
得策だと思います。

スポンサードリンク

原因を解明することによって
予め予防することも可能になって来ますので
後頭部の頭痛に悩んでいる人は要チェックですよ。

それではさっそくご紹介して行きましょう!

後頭部の頭痛でめまいや吐き気がある場合!

後頭部の頭痛でめまいや吐き気を伴う場合は
注意が必要になります。

後頭部の頭痛が慢性的になっているのか突発的に
起こったのかにもよって対処方法は変わってきます。

突発的に耐え難い後頭部頭痛を引き起こした時は
重大な脳疾患かもしれないので自己判断せずにすぐに
病院に行くようにしましょう。

◆後頭部頭痛の考えられる脳疾患は?

・脳梗塞
・脳出血
・くも膜下出血

上記3つの脳疾患は命の危険にも関わってくるので
後頭部頭痛で締め付けられるような痛み、めまい、吐き気を
突発的に起こすようならすぐに病院に行って下さい。

発見が遅れて命を落としたり入院を余儀なくされては
大変ですから、即座に行動するようにしましょう。

後頭部頭痛で一般的に多いのが、筋緊張型頭痛と呼ばれるもので
後頭部付近全体がズキズキ痛むあの嫌な頭痛ですね。

ですが、くも膜下出血や脳梗塞、脳出血なども似たような
症状が現れてくるので見分けるのが必須になって来ます。

その他にも脳腫瘍、髄膜炎などの症状が原因で筋緊張型頭痛が
症状として現れてくるとも言われています。

筋緊張型頭痛はこのように重大な脳疾患にも繋がってくるので
日々の頭痛を軽視せずにしっかりとチェックしておきましょう!

◆後頭部頭痛のチェック法とは?

・いつどのくらいの時間、痛みが続いたか?
・1日のどの時間帯に頭痛が起こったか?
・後頭部の下が痛いのか右か左か、場所をチェック!
・めまいや吐き気以外に症状はないか?
・肩こり、耳鳴り、などはないか?

上記の内容を日々チェックしておくと良いでしょう!
後頭部頭痛が慢性的になっている人はチェックしやすいので
出来る限りメモを取っておいて下さい。

メモを取っておくことで病院などに行った際に簡単に
説明することが出来ますからね。

スポンサードリンク

後頭部頭痛は高血圧が原因で起こる症状?!

高血圧が原因で後頭部頭痛の症状が出てくる人も
多いみたいですね。

特に寝起きに急に起き上がったり、お酒を飲んだ時なども
血圧は上昇します。

さらに妊娠期間中も血圧が上がりやすいと言われています。
赤ちゃんにたくさんの血液を送る必要があるので、それが原因で
血圧が上昇するみたいですね。

高血圧が原因の後頭部頭痛は筋緊張型頭痛の痛みとは違い
後頭部全体がどんよりと痛む感じみたいです。

ズキズキというよりは頭重感という感じですね。
後頭部を中心に体全体が重たくだるいという症状です。

良性高血圧から悪性高血圧になる際によく頭痛が起こると
言われていますが、そのような場合は高血圧の治療もしなくては
いけないので早急に病院に行くようにして下さい。

高血圧はサイレントキラーと呼ばれているので、
命に関わる重大な病気を引き起こす確率が一般の健康体質な方よりも
数倍高いといわれています。

そして高血圧は身体的な不調(症状)がほとんど出ないのが
またやっかいなんですよね。

なので慢性化している後頭部頭痛が実は高血圧のサイン
だったりする可能性があるので、注意するようにしましょう!

後頭部頭痛は何科に行けばいいの?

普段あまり病院に行く機会がない人は頭痛の場合
何科に行ったらいいのか分からないこともありますよね。

頭痛なら内科かな?外科かな?と思っている人も
多いと聞きます。

大きな総合病院などに行くと受付(窓口)があるので
そこで自分の症状を伝えるとどの科に行って診断を受ければ
いいのか丁寧に教えてくれます。

昨今では【頭痛外来】という科も出来ているので
昔よりはだいぶ診察受け易くなってきています。

脳疾患の可能性がある場合はMRIやレントゲンを
とることですぐに分かるようになっています。

MRIは脳を輪切りにして細かく検査してくれるので
どんな些細な病気でも特定してくれるので、一番信頼感の
ある検査方法だと思いますよ。

脳の場合は症状を口頭で伝えるだけでは
病名までは特定できませんので、やっぱりしっかりとした
検査を受けることがベストでしょう。

MRIになると検査費用も少し高くなってしまいますが、
安心を手に入れる為には一度やっておいた方がいいと思います。

まとめ

どうでしたでしょうか?

後頭部頭痛についてご紹介しましたが、
症状の度合いによっては軽視せずにすぐに病院に
行くようにして下さい。

慢性的な後頭部頭痛の方は、日々の症状をしっかりと
メモに取るなどしておいて下さい。

いざという時にお医者さんに伝えやすいので
とても大事なことですよ。

スポンサードリンク