咳をすると頭が痛い?!左側が痛む原因やその他の症状、対処法は?

咳をすると頭痛がする画像

咳のし過ぎで頭痛がする…。咳が止まらなくて頭が痛い…。
このように咳が続いたときに頭痛がして困った経験ありませんか?

なぜ咳が原因によって頭痛がするのか、また他に症状があるのか、その時にどんな対処をしたらいいのかを紹介していきます。

スポンサードリンク

咳をすると頭が痛む原因と対処法は?

まずは咳が出るメカニズム咳によって頭が痛くなる原因について見ていきましょう!そして簡単な対処法についてもご紹介します。

(1)咳がおこるしくみ

咳は、体の中に入ったもの(ウイルスや細菌、汚れた空気など)を異物ととらえ、気管支や肺にはいるのを防ごうとして起きる現象です。

体に入ってきたものを、咳をすることによって一気に外に出そうとします。
ほこりや花粉、煙などのアレルギーによる喘息発作として起こる咳や風邪などの感染症や肺炎などを起こした時に起こる痰が絡んだような咳があります。

また、咳の中にはストレスによる心因性のものもあります。咳は、自分の体を守ろうとして起こる現象と言えるんです。

(2)咳をすると頭が痛くなる原因

良性咳嗽性頭痛によるものが多く、咳をすることで誘発され、すぐ落ち着くものが多いようです。

私たちは力んで咳をしますが、この時に頭蓋内圧が高まります。
力を入れる時には脳内の血流を増やそうと血管が拡張するため、頭痛が起きると考えられているんです。

血管が拡張する頭痛としては、片頭痛によるものがあげられます。
咳は副交感神経が働いて起こるもので気管支が狭くなっています。副交感神経が強く働いている時には血管も拡張していますので、咳をした時には頭痛を起こしやすいとも考えられます。

(3)頭痛が起きた時の対処法

①,咳を鎮めましょう

乾燥によって咳が出る場合、マスクの着用でのどの乾燥を防ぎ、加湿器によって湿度を60%に保つよう心がけて下さい。

また、うがいや水分補給でのどを潤すようにしましょう。
はちみついりの紅茶など温かい飲み物もおすすめです。また、市販薬の咳止めを服用するか、病院から処方されている治療薬があればそれを服用しましょう。

②,咳を予防しましょう

出来るだけ咳が出ないような環境を整えましょう。

風邪やインフルエンザに感染してしまった場合の咳には、治療薬の服用とともに、湿度の調整(60%)と、栄養のある食事を摂取とともに安静にして早く治すように心がけて下さい。

③,咳の原因となるものを避けましょう

ほこりや花粉、煙などのアレルギーで咳を起こしてしまう人は、マスクをするなどして、原因となるものを防ぎましょう。

また、そのようなアレルギー反応を起こしてしまう場所に行かないようにするのも効果的です。

④,安静にしましょう

良性咳嗽性頭痛の場合は特に安静が第一です。

ズキンズキンと脈打つ痛みの時は片頭痛によるものが強いと考えられますので、静かなやや暗い場所でゆっくり休んでください。

また、アイスノンや氷で頭部を冷やすのも効果があります。

痛みが落ち着かない時には鎮痛薬(インドメタシン)が効きますので、我慢せずに服用しましょう。

スポンサードリンク

咳によって左側の頭が痛むのはなぜ?

咳をしたとき、左側だけが痛む頭痛のタイプとして片頭痛があげられます。

片頭痛は両側がズキズキ痛むことが分かっていますが、場合によっては左側が痛む時もあります。片頭痛が原因だと思われる場合には、頭部を冷却シートや氷などで冷やしましょう。

また、この場合は鎮痛薬を服用したほうが良い時もあります。

他には、風邪やインフルエンザなどウイルスに感染することで髄膜炎や脳炎を引き起こし、咳と共に左側だけに頭痛が出る時もあります。

髄膜炎や脳炎にまで重症化したら命の危険も考えられますので特に注意が必要です。

頭痛と共に首が硬くて前に倒せない、意識障害が見られるなどの症状がある場合は、すぐに病院へ行きましょう。

 
【関連記事】

動くと痛い頭痛の原因と対処法は?こめかみや左側が痛い場合は何の病気?

2017.07.20

咳による頭痛以外の症状は?

良性咳嗽性頭痛は、咳以外にくしゃみ、かがんだ姿勢をとる(排便時)、笑うなど、力む動作でも起こります。

また、咳以外の症状で考えられるものとしては、呼吸器感染の時(風邪やインフルエンザ)に起こる症状で、発熱関節痛、鼻水などがあります。

この時にはインフルエンザの治療薬をしっかり服用するとともに、栄養と休養が大事です。

 
咳とは直接結びつかない病気ではありますが、
脳血管疾患(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など)を引き起こす可能性もあります。

高血圧で普段から治療を受けている人や、脳腫瘍などの怖い病気があった場合など、たまたま咳をした時に頭痛がして発見されるケースもありますので注意が必要です。

 
【関連記事】

高血圧による頭痛の治し方は?症状別にチェックをして対処しよう!

2017.04.07
 

脳疾患の場合には、頭痛以外に嘔吐や意識に異常が起こりますので、異変を感じたらすぐに病院へ駆けつけましょう。

気管支喘息によって起こる咳は、放っておくと呼吸困難を引き起こしてしまいます。
咳と共に、ゼーゼーした呼吸が見られるようになったら、常備している吸入器を使用するか、呼吸が苦しくなるようなら病院へ行きましょう。

私は喘息持ちで今までは苦しくなっても時間の経過と共に楽になっていたので、病院にも行かずにいつも放置していました。

完全に喘息を舐めていたんですよね。
ある日、喘息の発作が始まり、咳のし過ぎで頭も痛く、ゼーゼーという呼吸もいつもよりも辛い…。これはおかしいと救急車を呼んだ経験がありました。

お医者さんからは喘息を舐めていると命を落とすよと怒られちゃいました。
そういう経験もあったのでいつもより体の調子がおかしいと思ったときは速やかに病院に行った方がいいと思います。

無理をしても何の得にもならないので辛かったらすぐに病院に行くというのを頭に入れておいてください。

まとめ

咳が続くのって本当に辛い事だと思います。
それだけでかなりのストレスを感じ疲れてしまいますよね。さらに頭痛まで起こるのでは、体が参ってしまいます。

そんな時は休養が第一だと思いますよ。
まずは咳が出ないように予防することが大事だと思います。

私は気管支喘息を持っているので、自分がどんな状況になったら咳が出るのかを大体把握していて、外出時にはマスクを常備しています。

咳は自分も辛いですが、周りにも迷惑をかけてしまいますので、エチケットを守るようにしましょう。そして、咳と共に起こる頭痛のしくみを理解しその都度、対処できるようにしましょうね。

スポンサードリンク