頭を打つとどんな症状が現れる?赤ちゃんや子供が打った時の対処法は?

頭を抱える男性

頭を打った時、どんな対処をしたらいいのか戸惑ってしまう時があると思います。
それが子供だったり、赤ちゃんだったりした場合には特に慌ててしまいがちですよね。

頭を打った時にはどのような症状があり、どのような事に注意したらいいのか、具体的にご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

頭を打つとどんな症状が現れる?

(1)考えられる病気

頭を打った時、まず考えられる病気としては脳震盪があげられますね。

しかし、激しく何かとぶつかったり、交通事故などのように衝撃が強い場合、頭蓋骨骨折や脳挫傷、脳内出血、硬膜下出血など、脳の障害を起こしている場合があるのでこの場合は必ず病院にいくようにして下さい。

また、最初の脳震盪から、完全に回復していないうちに次の脳震盪を起こしてしまう、セカンドインパク症候群も考えられます。

 

脳震盪の症状とは?頭痛や吐き気が続く期間はどれくらい?

2017.04.18

(2)主な症状

頭を打った時、打撲した場所にたんこぶができます。

衝撃の強さにもよりますが、たんこぶの出来た場所が痛んだりします。
脳震盪だった場合には、失神や意識がもうろうとする意識障害、打った前後の記憶が一瞬なくなる記憶障害、気持ちが悪くなる、ふらついて上手く歩けなくなるバランス障害、重苦しい頭痛などの症状が現れます。

しかし、脳内出血脳挫傷など、脳にダメージを与えている疾患の場合には、嘔吐をくり返したり、けいれんが出現し、何日も意識が戻らず昏睡状態が続きます。

 

たんこぶが出来て頭痛が続く場合は?吐き気や眠気が起こる時の対処法!

2017.03.30

(3)子供、赤ちゃんの場合の症状

小さな子供や赤ちゃんが頭を打った時には、言葉でうまく表現できないので、大人が観察する必要があるので注意してください。

小さな子供や赤ちゃんは、(2)に挙げたような症状の他に、泣き止まない事で気が付きます。
「頭が痛い」と泣き叫んでいる、機嫌が悪い、理由もなく暴れるなどの症状がある時には、危険な状態に陥っている可能性があります。

また、子供の脳震盪の場合には、何度も嘔吐する事もあります。
異常がない時には、しばらくすると嘔吐も落ち着き、機嫌が良くなるので、脳の障害との区別をすることが必要になってきます。

 

子供が脳震盪になった場合の対処法は?嘔吐や吐き気が続く場合はどうする?

2017.08.25

頭を打って時間が経ってからの注意点は?

軽い脳震盪だった場合、頭を打った直後に失神したとしても数時間後には意識が戻ります。しかし、数日経ってから脳障害の症状が出る場合がありますのでそのときは注意して下さい。

(1)頭を打った当日

頭を打ってから意識がある場合でも、当日の運動を控え、自宅で安静にして下さい。

スポンサードリンク

頭を打った時の脳出血は、6時間以内に起こるものが多という調査結果があります。
大人の方でも1人にしないよう、必ず誰かが様子を見るようにしましょう。夜寝ている時でも、2~3回は声をかけて起こし意識があるか確認してください。

お子さんや赤ちゃんの場合には、機嫌を見ながら、手足の動きや嘔吐の有無をチェックしましょう。頭を打った後には、1週間くらいは様子を観察しておくことが大事です。

(2)2、3日経った時の注意点

頭を打ってから、まれに数日後に脳内出血を起こす場合があります。

意識障害の他に特徴的な症状は、嘔吐やけいれんがみられます。
また、手足に麻痺がある、言葉が出にくいなどの症状が現れてくるのでこの場合も注意が必要です。

小さな子供の場合は、呼びかけに反応しなくなる、ぼーっとして元気がないなどがあります。
赤ちゃんの場合、激しく泣いていたのが突然泣かなくなり、動かなくなるなどの症状が出てきます。時間が経っているほど重症の可能性が出てきますので、救急車を呼んで病院へ行きましょう。

(3)1カ月以上経ってからの注意点

頭を打ってから、1ヶ月以上経ってから脳内の出血が起こることがありますが、これは高齢者の方に多く、慢性硬膜下出血が疑われます。

重苦しい頭痛が徐々に強くなり、手足の麻痺が見られ歩行が困難になる場合があります。
また、意識が無くなるほどではないが、声がけに対しての反応が鈍くなったり、認知症のような症状が見られる場合があります。

高齢者が頭を打った場合には、その事を覚えておき、1ヶ月ぐらいは家族の方が観察しておくことが大事だと思いますね。

 

脳震盪の後遺症で頭痛やめまいが起こる場合の対処法は?

2017.04.26

受診するタイミングと症状は?

(1)すぐに受診しなくてよい場合

頭を打った直後、意識がはっきりしていて嘔吐がない場合には、自宅で安静にし、様子をみていて大丈夫です。

お子さんや赤ちゃんの場合でも、元気がよく、機嫌が良ければ病院を受診する必要はありません。

(2)症状が続いている場合

頭を打ってから、翌日になっても頭痛が治まらず、意識もはっきりしない、嘔吐をくり返すなどの症状が現れた時には、すぐに病院を受診して検査をしてもらいましょう。

症状がすぐに落ち着いても、数日後に症状(嘔吐や頭痛)が現れる事もあります。その時にも、すぐに病院を受診してください。

(3)緊急性がある場合

頭痛や嘔吐の他に、けいれん意識障害(全く反応がなくなるなど)が見られた場合には、命の危険があるので、救急車を呼びましょう。

(4)お酒に酔っている場合

お酒を飲んで転倒し、頭を打った場合には特に注意が必要です。

意識障害が脳のダメージによるものなのか、お酒を飲んで酔っているためなのかを判断しなければならず、発見が遅れる事で手遅れになる可能性が出てきます。

翌日になっても、寝室から起きてこなかったり、呼びかけに全く反応していない時には、すぐに病院へ行ってください。

まとめ

ちょっと頭をぶつけただけと思っていても、打ちどころが悪い場合や、年齢によっては重症になる可能性もあります。

特にお母さんたちは、転倒防止をする対策をするなどして、お子さんからは目を離さないように心がけてください。大人でも子供でも、頭を打った後の観察を怠らないことが一番大事だということを頭に入れておいてくださいね。

スポンサードリンク