頭痛薬はお酒を飲んでから何時間後に飲む?飲み合わせやイブについて調査!

お酒

頭痛薬に限らずアルコールとほとんどの薬との相性はあまり良くありません。
でも頭痛薬を飲んだ後、場合によってはお酒を飲まないといけなくなるときもあったりしますよね?そんな時、お酒と頭痛薬との組み合わせや時間の間隔が気になってしまうと思います。

ここでは、そのお酒と頭痛薬について調べた事をご紹介していきます。

スポンサードリンク

頭痛薬とお酒の飲み合わせについて

まずは、頭痛薬とお酒の飲み合わせについて見ていきましょう!

(1)薬が吸収される仕組みについて

頭痛薬だけではなくほとんどの薬は飲んだあとに胃で溶けたあと小腸で吸収され、血液によって肝臓に運ばれます。

そして、肝臓で一定の量が分解され、残った有効成分が全身に回り、必要な部分に作用する仕組みになっています。薬の成分は最終的に肝臓に戻ったあと、腎臓を経て尿として体外に排出されます。

(2)アルコールの分解について

アルコールを摂取した時、薬と同じように肝臓で分解されます。

その時に生じるのがアセトアルデヒドという有害物質であり、普通は肝臓で酵素によって分解されたのちに体外に排出されます。でも、体の中で分解しきれないほどたくさんのお酒を飲んでしまうと、アセトアルデヒドが体の中に残ってしまい、二日酔いによる頭痛を引き起こしてしまいます。

(3)お酒と頭痛薬との相性

基本的に薬はお水で服用するように推奨されています。

薬の成分によっては、コーヒーやお茶、ジュースなどで飲んでもいけません。
その中でも、特にアルコールでの服薬は厳禁とされていますし、薬とお酒は飲み方を間違えると体に悪影響を与えることになります。

それは、薬を飲んだ成分が肝臓で分解されている最中にアルコールの分解も始まると薬の分解量が減ってしまい、有効成分が必要以上に体に回ってしまうからです。

つまり、薬が効きすぎてしまう結果となります。
特に頭痛薬を常用している人はお酒の量にも気を付けるべきであり、薬と共にお酒も常用する事で、肝機能障害を起こす可能性が高くなります。

 
【関連記事】

頭痛薬の副作用とは?吐き気や眠気、めまいを起こす場合の注意点!

2017.03.21

頭痛薬はお酒を飲んだ何時間後に飲む?間隔はどれくらい空ける?

次に気になるのが頭痛薬はお酒を飲んでから何時間後に飲むのが理想的なのでしょうか?どれくらいの時間、間隔を空けたらいいのかも気になってしまいます。

(1)服薬後のお酒はいつ飲んで大丈夫なのか?

最近は、1日2回または1日1回で効果が続く薬が増えています。

逆に言えば、それだけ薬の成分が長時間体に残っているという事にもなりますし、薬によっては何日も体の中に残るものもあります。お酒で服薬する事や、薬を飲んだ直後の飲酒は基本的には厳禁です。

(2)お酒を飲んだあとの頭痛薬はいつ飲める?

お酒を飲んだ後、アルコールが抜けるまでの時間は個人差があります。

体型やアルコール度数などによってアルコールが抜ける速度も変わってきますが、大きな目安としてはビール中ビン1本(500ml)が抜けるまでに約3~4時間、缶ビール1本(350ml)のビールが抜けるまでには約2~3時間必要だと思ってください。

スポンサードリンク

この事から、アルコール摂取してから頭痛薬を飲もうと思った場合には、ひとつの目安としては缶ビール1本飲んだ場合は、最低でも4時間以上あけて服薬するようにしてください。

安全に服用したいのであれば6時間以上あけた方がいいと思います。ただし、お酒の量によって変わりますので注意してくださいね。

(3)二日酔いの場合は?

二日酔いの時の頭痛に薬は効きません。

有害物質であるアセトアルデヒドが残っている状態です。
頭痛薬は痛みのもとに作用してブロックするものなので、二日酔いの頭痛を治す作用はないという事を頭に入れておきましょう!

 
【関連記事】

二日酔いから起こる頭痛の原因と治し方!市販薬で抑えよう!

2016.06.15

お酒を飲んだあとにイブなら飲んでも大丈夫?

市販薬のイブならお酒を飲んだあとに飲んでも大丈夫なのかどうかも気になってしまいます。

市販薬は薬効が薄いからお酒と飲んでも大丈夫と安易に考えている人も多いみたいなのでそこら辺も詳しく見てみましょう。

(1)飲んでも大丈夫な頭痛薬とは?

飲酒後前後に頭痛薬を飲むと一般的に効きすぎる事が多いようです。

頭痛薬は基本的に飲酒と同時に服用してはいけません。
市販薬の添付文書にも、飲酒の前後は飲まないようにと書かれています。しかし、我慢できない頭痛が起きてしまった日に、接待などでどうしてもお酒の席を外せない予定がある場合、飲める薬があるのか知りたいですよね。

頭痛薬の中でも、アルコールの摂取で大きな問題がないとしているものもあります。

中でも、イブプロフェン成分が入っている「イブ」「イブA錠」は、即効性があり胃腸障害などの副作用も少ない頭痛薬です。イブの場合は、通常の量または控えめの飲酒であれば体への影響はないとされています。

ロキソニンはアルコールによる副作用が強く出るとされていますが、少量であれば問題ないとされています。しかし、ノーシンカロナールのようアセトアミノフェン成分が含まれている頭痛薬は、肝障害を起こす危険がありますので避けた方がいいようです。

ただ、絶対にしてはいけないのはお酒で頭痛薬を飲んではいけないとう事。

(2)ドリンク剤

市販のドリンク剤の中には、微量ではありますがアルコールが添加物として含まれているものがあります。

頭痛がして調子が良くないからと、薬を飲んだあとに栄養ドリンク剤を飲んで精を付けようと思った時には注意してください。副作用が出るほどの量が含まれているわけではありませんが、無視はできません。

頭痛薬を飲んでから、「ドリンク剤でも飲んで頑張ろう」と1日に何本も飲んでいたら、コップ1杯のビールを飲んでいる事になります。どんな時にもほどほどが最適という事ですね。

 
【関連記事】

頭痛によく効く市販薬おすすめランキング!最強の薬はこれだ!

2017.08.20

まとめ

お酒と頭痛薬はいけないと分かっていても、それがなぜダメなのかまでは理解していない人も多いと思います。

アルコールに強い人もいれば、弱い人もいるので、頭痛薬の服用とアルコールの間隔には個人差があるとは思います。頭痛とお酒とうまく付き合っていくには、頭痛薬を正しい方法で服用していきたいものですね。

スポンサードリンク