頭痛に冷えピタは効果あるの?貼る場所や妊娠中でも大丈夫なのか調査!

冷えピタ

激しい頭痛が起こったときにその痛みをどうにか緩和させたいと思ってしまいますよね。
慢性的な頭痛をお持ちの方は日々その痛みと戦っていますし、緩和するための方法もおのずと見つけているかと思います。頭痛を緩和させるのに有効な手段として「冷えピタ」を使うのはどうでしょうか?

冷えピタは頭痛に効果があるのか?そして貼る場所や妊娠中でも大丈夫なのかをチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

頭痛に冷えピタは効果あるの?

まず、頭痛の痛みに冷えピタは効果があるのかどうかが気になりますよね。

結論から言いますと頭痛の種類によって“冷えピタ”を貼ると効果があります。
慢性的な偏頭痛を持っている方は冷えピタを患部に貼ることで血管を収縮させて痛みを緩和させることが出来ます。

偏頭痛は血管が拡張し、近辺の血管とぶつかることによって起こる痛みなので冷やすことによって痛みを和らげます。
逆に肩こりや首の筋肉の凝り、緊張やストレスなどからくる頭痛は冷やすことによって頭痛を悪化させる可能性があるので、この場合は冷えピタは逆効果になる可能性が高いです。

Yahoo知恵袋などでも「頭痛に冷えピタは効果があるのか?」という質問が多かったですが、偏頭痛持ちの人は冷えピタを貼ると効果を実感するという人たちが多かったですね。

効果は人それぞれですが、冷えピタを貼ることで痛みが緩和されるなら貼ってみる価値はあるということです。

冷えピタが頭痛に効果があるという医学的な根拠は分かりませんが、慢性的な頭痛で悩んでいる人は試してみてください。あと、先ほども触れましたが肩こりや首凝り、緊張やストレスから来る頭痛に冷えピタを貼ってしまうと逆効果になる場合があるので注意してください。

肩こりなどから来る頭痛は逆に体を温めた方がいい場合もあるので、自分の頭痛は何からくるものなのか原因を知っておきましょう!

頭痛時に冷えピタを貼る場所は?

次に頭痛のときに冷えピタを貼る場所についてチェックしてみましょう!

おでこ

一般的な頭痛が起こったときに冷えピタをおでこに貼ると効果が実感されます。

スポンサードリンク

長時間貼っておくと粘着力がなくなって来て剥がれてしまうので肌に貼る用のテーピングをしておくと便利です。寝る前に冷えピタを貼る場合もテーピングがあった方が寝返りをうった際に取れたりしないので便利ですよ。

こめかみ

偏頭痛が起こったときにこめかみに冷えピタや濡れタオルを当てると痛みが緩和します。

頭のどこの部分が痛むのかによって冷えピタを当てる位置が変わってきますが、こめかみに当てるのも効果を実感できる場所と言えるでしょう。

首筋(後頭部の下辺り)

後頭部の裏を冷やすと頭全体が冷やされる感じがして痛みが和らぐと言われています。

私も頭痛が起こったときはアイスノンや冷えピタを首筋に貼ってその場を凌ぐようにしています。おでこに貼る人と首筋に貼る人で分かれるみたいですね。

冷えピタは妊娠中に貼っても大丈夫?

次に気になるのが妊娠中の頭痛時に冷えピタを貼っても大丈夫なのかどうかです。

妊娠中に湿布を貼るのはNGと聞いたことがある人もいると思います。
湿布には”インドメタシン”や”ボルタレン”、”ケトプロフェン”など妊婦さんに悪影響を及ぼす成分が含まれているので使うのはよくないとされています。

もちろん妊娠をしていない健康体な人が湿布を使うのは問題ありません。

上記の強い成分が胎児に悪影響を及ぼすので妊娠中に湿布を貼るのはいけません!
ですが、冷えピタには上記成分は一切入っていないので、妊娠中でも基本的に使用することは可能です。それでも冷えピタを貼るのはちょっと不安…という妊婦さんはアイスノンや保冷剤をタオルに巻いて痛む場所に当てたり工夫するようにしましょう!

まとめ

頭痛のときに冷えピタを貼るのは効果的なのか、そして貼る場所や妊娠中に使っても大丈夫なのかどうかについて詳しくご紹介しました。

頭痛の種類にもよりますが普段、頭の痛みで悩んでいる人が応急処置として冷えピタを使用している人が案外多いことが分かりましたね。偏頭痛持ちの人は冷えピタを貼ることで痛みを緩和することが出来たという感想も多かったです。

何も対処せずに痛みを我慢し続けるよりは、冷えピタを貼って試してみるのもありだと思います。何もしないよりはした方が効果を実感できるかもしれませんしね。

頭痛でお悩みの方は是非、参考にしてみてください。

スポンサードリンク