雨の日に頭痛が起こるそのメカニズムと対策を教えて?

amenohi
7月になりましたがまだ梅雨もあけずに
モヤモヤ暑い毎日を過ごしていると思いますが、
みなさん頭痛でお悩みではありませんか?

そう!
梅雨の時期や雨の日が続く時に
頭痛の症状が出てくるという人が非常に多いんです。

私の友達にも雨の日になると頭痛が出てくるから
会社に行くのが辛い…、外に出るのもおっくうという友達が
何人かいますよ。

スポンサードリンク

特に頭痛持ちでもない私からするとどうして雨の日に
なると頭痛の症状が出てくるのだろうとすごく不思議な気分に
なっていました。

なので雨の日に頭痛になるメカニズムについて
ちょっと調べてみましたのでご紹介したいと思います。

雨の日に頭痛が起こるその原因は?

雨の日に限らず天気が悪くなり始めた瞬間に、
頭の痛みを訴える人もいるくらいです。

なぜ頭痛を訴える人はこうも敏感なのか?
それは大気中の水分(湿度)によって気圧が下がることにより
私達の脳の血管に悪影響を与えているからというわけです。

ここでお天気のことにも少し触れておきましょう。
気圧と天気という言葉は切っても切り離せない関係にあります。

お天気ニュースなどで、

「本日は高気圧によって~」や、
「低気圧が発達しながら通りすぎます~」などなど。

誰でも聞いたことがあるフレーズだと思いますが、
簡単にいうと高気圧の時は雲が出来にくくカラっと晴れた
お天気になり、逆に低気圧の場合は雨雲を作りやすい仕組みに
なり天気が崩れ雨が降りやすい状態になります。

このような状態から天気が崩れやすい日などは
低気圧が発達している状態にあると言えます。

低気圧というのは私達が住んでいる地上に向かって
気圧がかかる状態が低いということになります。

スポンサードリンク

気圧が低いと私達の脳の血管は圧力が下がり、広がりやすく
なります。脳の血管が収縮(広がる)することによってその血管の周りに
ある神経などを刺激して頭痛が起こってしまうという
メカニズムになります。

う~ん。雨の日に頭痛が起こる原因はコレだったんですね!

雨の日の頭痛対策を教えて?

それでは雨の日や天気の悪い日に頭痛が起こって
しまった場合の対処法、そして対策などはどうしたら
いいのでしょうか?

①,痛みのある部分を冷やす。
②,カフェインを含んだお茶やコーヒーを飲む
③,頭痛に効果のあるツボを押す
④,頭痛薬を飲む

雨の日の頭痛対策は上記4点が得策だと思います。
雨が止むまで自宅で安静にしているというのもありだと
思いますが、学校や仕事、外せない用事の時などは
そうも言ってられませんからね。

かと言って雨が止むようにてるてる坊主を作るのも
またナンセンスだと思います(笑)

頭痛の時に痛い部分を冷やすというのは一番簡単に
痛みを緩和する方法だと思いますよ。

冷やすことによって脳の血管収縮を抑えることが出来るので
その結果、頭痛を軽減してくれるんです。
冷やしすぎはいけませんが適度に冷やすと気持ちいいですよ。

私が頭痛の時によく使うのがアイスノンや熱さまシートですね。
身近になかったらタオルをお水で濡らして絞ったものを痛い部分に
当てるだけでも大丈夫です。

ペットボトルのお水をそのまま当てるのもアリだと思います。
ただし冷やしすぎには注意ですよ。

本日のまとめ

どうでしたでしょうか?

雨の日に伴う頭痛について詳しくご紹介してみました。
天気が崩れそうな時や雨が降っている時は気圧が下がり、
脳の血管に影響を及ぼし頭痛を引き起こす原因になっている
というわけでした。

気圧が下がることで自律神経が乱れて頭痛以外の症状を
伴う人もいるので、あまりにも辛い人はお医者さんにご相談
するのがいいと思います。

自律神経の乱れによって起こる症状は、眠気、めまい、耳鳴り
などですね。

まだまだ梅雨で雨の日が続きますが、くれぐれも頭痛に
負けないようにして下さい!

スポンサードリンク