頭痛と関節痛が併発する原因は?熱なしの場合に考えられる病気は?

関節痛で悩む男性

頭痛に加えて身体の節々が痛む関節痛を起こしている…。

そんな経験はありますか?
実は頭痛に加えて関節痛も併発している場合は、それらの症状は二次的なものにすぎず、原因となる病気を発症している可能性があります。

スポンサードリンク

今回は頭痛と関節痛が同時に起こった際に考えられる病気について、詳しく解説していきます。

頭痛と関節痛が併発する原因は?

頭痛に加えて関節痛の症状が現れた時は主に以下のものが考えられます。

  • 線維筋痛症
  • 慢性疲労症候群
  • 気象病
  • インフルエンザ

あまり聞いたことのない名前も見受けられますが、これらの病気はいったいどのような症状が起きるのでしょうか?

熱なしの場合に考えられる病気は?

まず、頭痛と関節痛が併発しているけど熱がない場合、どんな病気の可能性があるのでしょうか。

下記に詳しくまとめておいたので参考にしてみてください。

線維筋痛症

身体の全身にわたって強い痛みが起こる病気です。

その範囲は広く、首から肩、背中、腰などの体幹部の痛みや太ももから足先までの下肢の部分にしびれや強張りが生じて痛みを起こします。全身の関節痛も発症することがあります。

これらの部位だけでなく目の奥や口腔内などの粘膜にも痛みが起きることがあるんです。
痛む箇所は時間とともに移動することがあり、痛みの度合いも気候の変化や疲労・ストレスの蓄積によって強くなることがあります。

これらの身体の痛みだけでなく、眠れなくなる、精神的に落ち込む(抑うつ症状)、頭痛、便秘や下痢などの腸障害、手足のしびれなど、内臓や精神にまで症状が現れます。

線維筋痛症は医学的にも知名度が低く、なぜこれらの症状が起こるのか原因は解明されていません。
治療法としては鎮痛剤、抗うつ剤、精神安定剤などの服用、ウォーキングや水泳などの運動療法、鍼やマッサージ、指圧など様々な方法での治療が行われています。

慢性疲労症候群

身体を満足に動かすことのできないほどの疲れが半年以上の期間にわたって続き、日常生活にも影響が出てしまう病気です。

スポンサードリンク

全身を襲う激しい疲労感が代表的な症状で、他には筋肉痛や関節痛、抑うつ症状、頭痛や睡眠障害が挙げられます。
こちらの病気も原因ははっきりと分かっていませんが、ストレスをきっかけにして身体の免疫力が低下することで体内に潜伏していたウイルスが活発化して、そのウイルスの動きを抑えるために作られた免疫物質が過剰に作られてしまうことで、脳に悪影響をもたらして、疲労感を感じる原因になってしまうという説が有力視されています。

こちらは基本的に薬による治療法が中心となっており、抗ウイルス剤や漢方薬などの服用が有効とされているんです。
前述した線維筋痛症と関わりがあると言われており、元になっている病気は同じで線維筋痛症とは症状の起こり方が違うだけと考えている医師もいるそうですよ。

気象病

気候や天気の変化によって体調が悪くなってしまう症状を総じて気象病と呼びます。

雨などで気圧が変わることにより、起きてしまう頭痛もこの気象病に含まれるということですね。

その他の症状としては関節痛や血圧の上昇あるいは低下、首や肩の凝り、めまいなどが挙げられます。
天候の変化に応じて頭痛がしたり身体のどこかが痛むという人は、気象病の疑いがあります。天気予報をチェックして雨が降る予報が出ている時は痛み止めを持ち歩いたり、スケジュールを空けるなどして対策を立てておくと良いでしょう。

これらの病気は発熱の症状があまり起こりませんが、寒気や倦怠感を伴った頭痛、関節痛を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

寒気と倦怠感がある場合は?

頭痛と一緒に関節痛、寒気、倦怠感がある場合はどんな病気なのか調べてみました。

下記に詳しくまとめておいたのでチェックしておきましょう!

インフルエンザ

頭痛と関節痛を併発する病気の中では最もよく知られているものがこのインフルエンザです。

頭痛や関節痛に加え、全身の筋肉痛、のどの痛みなどの前駆症状を経て、39~40度近い高熱が出るのが特徴です。
発症した場合は重症化すると脳にウイルスが入り込んでインフルエンザ脳炎を起こす危険性があるので、少しでも上記の症状が出てきたら早めに病院で診察を受けた方が良いでしょう。

インフルエンザは定期的に冬場から春先にかけて大流行を起こすことがあるので、寒くなってきたら部屋の湿度を上げたり、睡眠や食事をしっかりとって抵抗力を下げないように普段から予防しておきましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?
頭痛と関節痛、寒気や倦怠感などについて詳しくご紹介しました。

頭痛と関節痛の関係性は様々です。
高熱が出てきたらインフルエンザの疑いがありますが、熱が出ない場合は上記に挙げた病気である可能性があります。どちらの場合でも放置しておいて良いことはないので、身体の不調を感じたらすぐに病院に行きましょう。

スポンサードリンク