秋の頭痛で悩んでいる人必見!気になる原因と予防法をご紹介!

季節が秋になった森の中

秋の季節になると、みなさんは何を思い浮かべますか?

晴れやかな紅葉、涼しい風、食欲の秋…。
秋は彩りのある美しい景色を感じることができる季節であり、木々が葉を散らす哀愁漂う季節でもあります。しかし、そんな美しい秋は、実は私たちが頭痛を起こしやすい時期でもあるのです。

スポンサードリンク

今回は、なぜ秋になると頭痛を起こしやすくなるのか、その原因と予防法、治し方について詳しく解説していきます。

秋になると頭痛がする原因とは?

秋だけに限らず、春夏秋冬季節の変わり目になると頭痛を起こしやすくなります。

秋に頭痛が現れる原因は主に以下のものがあります。

気温の変化

私たちは寒くなったり暑くなったりすると、身体が気温の変化に対応しようとして血管を拡張させたり、収縮させたりします。

この働きによって頭の血管の近くにある神経が圧迫されることで頭痛が発生してしまうのです。
秋は特に気温の変化が激しい時期なので、寒くなって血管が収縮することで頭痛が起こりやすくなります。

気圧の変化

気温が著しく変わることによって頭痛が起こる仕組みは前述の通りですが、同じように気圧が変化することでも頭痛が引き起こされます。

天気が変わって気圧が低くなったり高くなったりすることで身体の血管も気圧の変化に応じて拡張や収縮の運動が起こります。そして、気圧の変化に身体がついていけなくなり、身体の血流のバランスが不安定になることで頭痛が生じてしまうと言われています。

特に秋は天候の変化が激しいため、気圧の変化が生じて頭痛が起こりやすくなるのです。

秋の頭痛の予防法や治し方をご紹介!

では、上記に挙げた秋の頭痛にはいったいどのように対処&予防すれば良いのでしょうか。

主な改善方法をご紹介していきます。

身体を温める

秋の季節は温度変化が激しいため、気温が急に低くなると、頭の血管が収縮して頭痛を起こしてしまうことがあります。

スポンサードリンク

寒い日が続いたことで、身体が冷えて頭痛が起こってしまった場合は身体を温めると頭痛の改善に繋がります。寒い日に外に出る時は身体が冷えないように重ね着をしたり、上着を羽織って防寒対策をしっかりと行いましょう。

他にも、暖房で部屋を暖めたり、お風呂に入る際、湯船にしっかり浸かるなどして身体を温めることも効果的です。

外にいる場合はホットドリンクを飲んだり、カイロを貼るなどして身体を温めるのも良いでしょう。

光や音のない静かな場所で休む

頭痛が起こっている時に身体を無理に動かすと逆効果となり、痛みがどんどんひどくなってしまいます。

もし頭痛が起きてしまった場合、可能であるならそのまま寝てしまうことも効果的です。
光や大きな音などの強い刺激は頭痛を重くする原因となります。休む時は真っ暗で静かな部屋で休むと良いでしょう。

身体の冷えによる頭痛の疑いがある場合は部屋を暖房などでしっかり暖めてから休むことも大切です。

頭痛薬を服用する

頭痛が起こってしまった時、必ずしも身体を休める状況であるとは限りません。

仕事の最中や用事で外出している時は、まさにその典型例です。
「何で今!?」と思ってしまうかもしれませんが、そんな時のために頭痛薬を持ち歩くようにしておくと良いでしょう。時には薬の力を借りて痛みを和らげることも有効な手段です。

頭痛薬は副作用で胃を荒らしてしまうものが多いため、服用する際は直前に何かを少しでも食べておくことや、胃薬と合わせて服用するなどの方法で対処しましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?

季節の変わり目である秋。
そんな秋の頭痛原因や予防法、治し方などについて詳しくご紹介しました。

秋の季節は天気の変化が激しく、体調を崩しやすいです。
身体の冷えが原因で頭痛が起こった時はしっかりと身体を温めること、そして休むことが効果的です。万が一のことも考えて頭痛薬も持ち歩くようにしておくことで、つらい頭痛をそのままに…という状況も回避できます。

もし、上記のような対処法を行っても頭痛が改善されない場合は何か別の原因も考えられます。

頭痛が長期間治まらない場合は病院に行き、医師の診察を受けましょう。

スポンサードリンク