喘息で頭痛薬が飲めない場合はどうする?市販薬で飲めるものはある?

お薬を飲む女性

市販の頭痛薬に同封されている取扱説明書を見てみると、「風邪薬を飲んで喘息を発症したことのある人はこの薬を服用しないでください。」と書かれているのを見かけます。

喘息持ちの人は風邪をひいたとき、市販の風邪薬を使う際に必ず気をつけなければいけないことがあります。今回は喘息持ちの人が市販の頭痛薬を使う際、どのようなものを選んだら良いのかを詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

喘息の薬と頭痛薬の相性は?

喘息を罹患している人が頭痛薬を服用した場合、喘息の発作が起きてしまうことがあります。

これは「アスピリン喘息」という病気で、喘息患者の全体の10%がこのアスピリン喘息を発症していると言われています。

なぜアスピリン喘息が起こるのか?

私たちの身体では痛みや熱が生じた際にプロスタグランジンという物質が作られています。

この物質が痛みを起こす炎症を生じさせ、私たちの身体が痛みや熱を感じるようになっているのです。

市販薬として販売されている頭痛薬であるアスピリン、イブ、バファリンなどはこのプロスタグランジンを身体に作らせないようにする働きをしています。これにより、痛みが抑えられ、熱も下がるというわけです。

しかし、アスピリン喘息の患者の場合、このプロスタグランジンが作られなくなる代わりに身体で合成される、気管を収縮させる作用を持つロイコトリエンという物質に反応してしまい、喘息発作を引き起こしてしまうのです。

プロスタグランジンを抑制する働きをもつ鎮痛剤を総じて非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼びます。

このNSAIDsを喘息患者の人が服用するとアスピリン喘息を発症してしまう危険があるというわけです。前述したアスピリン、イブ、バファリン、他にもロキソニンやナロンエースなどがこれに含まれます。

喘息で飲める頭痛薬はあるの?

咳が止まらない女性

アスピリン喘息は発症すると症状の進行が早く、場合によっては命にかかわる危険な状態となってしまうこともあります。

スポンサードリンク

すべての喘息患者の人たちがNSAIDsを服用できないという訳ではありませんが、喘息持ちの方はアスピリン喘息を発症してしまう危険性があるということを留意して使用する必要があります。

アセトアミノフェンを含んだ頭痛薬はアセトアミノフェンの含有量が300mg以下であればアスピリン喘息の危険性は低くなると言われています。ただ、薬のアレルギーによりアスピリン喘息発作を発症させてしまう可能性が少しでもある場合はかかりつけのお医者さんに相談したり、お薬を処方してもらう方が安心ですし、安全です。

一番してはいけないことは自分で勝手に判断してお薬を飲んでしまうことです。

アスピリン喘息は命にかかわる危険な症状を引き起こすので自己判断だけでお薬は絶対に飲まないようにしてください。

他には漢方でも頭痛に良いとされているものがあります。
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)、桂枝人参湯(けいしにんじんとう)、釣藤散(ちょうとうさん)などは頭痛に効果があるという結果報告が出されています。

漢方は副作用など気にしなくていいので頭痛を緩和する方法として意外と注目されているんですよ。

市販の頭痛薬で飲めるものはある?

市販で売られている頭痛薬の中にはほぼ全てNSAIDsが含まれています。

市販薬の中でも危険性が少ないものを紹介していきます。(アスピリン喘息を発症する危険性が全くないという訳ではありません。)

パブロンSゴールドW

アセトアミノフェンが300mg含まれており、量的には危険度は少なめです。アセトアミノフェンは副作用が比較的起きにくい物質であると言われています。

葛根湯(かっこんとう)

風邪の初期症状に効く市販でも販売されている漢方薬ですが、頭痛にも効果を発揮します。漢方は副作用を気にせず使うことができるので、安全といえます。

まとめ

どうでしたでしょうか?
喘息持ちの人が頭痛薬を飲むときは細心の注意を払わないといけません。

アスピリン喘息は頭痛薬に含まれている鎮痛剤で発作が起きてしまうので、同じ成分が入っている座薬や湿布、目薬など様々な痛み止めの薬でも喘息発作が起きてしまう場合があります。

喘息持ちで頭痛がひどいという人は病院に行って主治医の方と相談して、どの頭痛薬を使うのか決めた方が危険度は低くなると思います。

安易な気持ちで大丈夫だろうと思って市販の頭痛薬を使うことはおすすめしません。
万が一、頭痛薬を服用して喘息の発作が出た場合は、すぐに病院に行き、どの頭痛薬を使ったか、いつ頃症状が出たかなど、しっかりと主治医に説明することが大事です。

スポンサードリンク