頭痛がして息苦しい!動悸やめまいの症状が現れる原因とは?

動悸息切れに悩む女性

頭痛が起こった時、息苦しさを感じて辛い経験をしたことはありませんか?

頭も痛いし、息が苦しいと味わう苦痛は大きなものになります。
今回は頭痛の際に息苦しさや動悸、息切れ、めまいが起こる原因について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

頭痛がして息苦しい原因は?

頭痛が起きて息が苦しくなる原因は様々なものがありますが、精神的な病気が原因で起こるものと身体の病気が原因で起こるものがあります。

病名や症状などについてひとつずつ詳しく見ていきましょう!

褐色細胞種

腎臓のすぐそばに位置する内臓である、副腎の内側に存在する副腎髄質(ふくじんずいしつ)に腫瘍ができてしまうことにより、カテコールアミンというホルモン物質が大量に分泌されて、様々な症状が現れる病気です。

主な症状は頭痛、高血圧、過剰な発汗、血糖値の上昇、代謝亢進(体内のエネルギーの消費量が上がっている状態。)の5つで、この5つの英語の頭文字を取って「5H病」とも呼ばれています。

他にも、動悸や便秘、胸の痛みや吐き気、視力障害などの症状が現れることもあります。
症状は発作的に現れることもあり、急激な発汗や心拍数が上がる不安で、死んでしまうのではないかという恐怖に襲われて精神的に追い詰められてしまうこともあります。

治療法としては、まず体内のカテコールアミンの濃度を検査するために、尿検査や血液検査を行い、MRIやCTスキャンで腫瘍ができているか検査した後に腫瘍を取り除く手術を行います。

なぜ体内の副腎髄質に腫瘍ができてしまうのか、詳しい原因はあまり良く分かっておらず、今後の研究が待たれる病気です。

自律神経失調症

体温や免疫力の調整、精神状態による身体の反応(涙を流す、緊張して心臓がドキドキするなど)の役割を持っている自律神経がうまく機能しなくなることにより、身体や精神に様々な症状が現れる病気です。

症状は個人差があり、身体に現れる症状は頭痛、動悸、めまい、吐き気、手足のしびれ、肩こりや倦怠感など全身に及び、これらの症状が複数現れる場合もあります。

精神的な症状は不安感や恐怖感、集中力や行動力の低下などがあります。

原因は人により様々で、生活習慣の乱れ、過度なストレスなどが挙げられます。主な治療法はカウンセリングなどの心理療法、生活習慣の改善、薬物療法やマッサージ、整体などの理学療法があります。

全般性不安障害

漠然とした不安感によって精神や身体に様々な症状が現れ、日常生活に支障が出るほどの状態となってしまう病気です。

スポンサードリンク

過剰な不安によって、物事に心配してしまう日がしない日よりも多い月が半年以上続き、自分でその不安をコントロールできないことが代表的な症状として挙げられます。

他に現れる症状としては頭痛、めまい、動悸、息切れ、吐き気、筋肉の緊張や睡眠障害など様々なものがあり、これらの症状が不安感と共に3つ以上現れます。
原因はまだはっきりと解明されていない部分も多く、今後の研究が待たれる病気ですが、自らの生活環境や性格によって発病のリスクが上がり、遺伝により発病する可能性もあると言われています。

主な治療法は、抗不安薬の服用による薬物療法や、自らが不安を感じる原因を客観視して医師と共に対策を考えていく認知療法があります。

 
【関連記事】

うつ病の症状で頭痛が起きる?吐き気や微熱が続く場合の対処法は?

2017.08.29

動悸やめまい、吐き気が起こる場合の対処法は?

息苦しくて動悸が止まらない

頭痛が起こった際に、息苦しさやだるさ、動悸、吐き気などが併発した場合どのような対処法を行なえばいいのかそちらもチェックしてみましょう!

まず、第一にすることといえばこれだと思います。

身体をゆっくりと休める

上記に挙げた病気の他にも、疲れが溜まっている時や睡眠不足の時は動悸やめまい、吐き気が起こりやすくなります。

もしこれらの症状が現れた場合は無理をせず、体調が落ち着くまで身体をゆっくりと休めましょう。
体に起きてる不調を軽く見て無理をすることが一番よくないのでまずは安静にすることを第一に考えてくださいね。

しばらくして症状が落ち着けば問題ありませんが、症状が落ち着かない場合や、慢性的に動悸やめまい、吐き気が起こる場合は病院に行き、医師の診察を受けてください。

医師から指示されたことをしっかり守り処方されたお薬もしっかり飲むようにしましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?
頭痛の際に息苦しくなったり、だるさ、動悸、吐き気などの症状を併発する場合の対処法などについて詳しくご紹介しました。

肉体的な症状にプラスして自律神経や精神的な不安感が原因で頭痛や息苦しさ、動悸などの症状が不調として体に現れてくるケースがあります。まずは、日々のストレスや生活習慣を見直し、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

睡眠不足や肉体疲労が溜まることでも頭痛に伴う息苦しさが併発したりするので、その点も注意してくださいね。

安静にしても治らない場合はすぐに医療機関を受診して、医師から適切な指示を受けるようにしましょう!

スポンサードリンク