頭痛が前頭部に?ズキンズキンとこめかみが痛んだり吐き気がする原因は?

前頭部が痛む女性

一言で頭痛といっても、その原因によって痛む部位や痛みの度合いなど、症状はかなり変わってきます。

今回は頭痛の中でも前頭部(おでこ)や、こめかみに痛みが現れ、吐き気がしたときの原因や、その治し方や対処法について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

前頭部がズキズキ痛くなる原因は?

前頭部に痛みが現れる原因は、主に生活リズムの乱れやストレスが関係しています。

普段から睡眠時間が不足しがちであったり、デスクワークで肩や首が凝っていたり、目が疲れていたりすると、脳内の血行が悪くなり、頭痛の原因となります。(緊張型頭痛)

もしもこれらの原因が考えられる場合は睡眠を充分にとる、凝っている部分を温めて血行を良くする、目が疲れていたらマッサージをして休める、などの対処法を行ってみましょう。

上記のような対処をしても、頭痛が良くならない場合は、前頭部の痛みが症状の1つとなっている病気を発症している可能性があります。

 
【関連記事】

おでこを押すと痛い!気になる5つの原因とは?症状や対処法もご紹介!

2017.03.14

前頭部が痛くなった時に考えられる病気とは?

頭が痛くなったときに前頭部の痛みが症状の1つとなっている病気は主に以下のものが挙げられます。

詳しくまとめておいたので自分の頭の痛みと照らし合わせてみてください。

髄膜炎

脳と脊髄を覆っている髄膜に細菌やウイルスが入り込むことで炎症を起こしてしまう病気です。

代表的な症状として激しい痛みを伴う頭痛、発熱、首が曲げられなくなる項部硬直、意識障害などがあります。髄膜炎の前兆症状は風邪と良く似ており、判別しづらいことがとても多いんです。

症状が重くなると髄膜に感染した細菌やウイルスが、血液にのって全身に拡がるようになり、敗血症を引き起こして手足が壊死し、切断をしなければいけなくなることもあります。

細菌による髄膜炎は症状が重くなることがほとんどで、放置していると死亡率が高くなっていくとても恐ろしい病気です。

普通の頭痛と少し違うなと異変を感じた場合はやはり早急に医療機関を受診するようにしてください。

クモ膜下出血

脳内の血管が出血を起こして、脳内の膜である「クモ膜」の下にある空洞に血が溜まってしまう病気です。

発症すると「鈍器で強く殴られたような」非常に強い痛みに襲われて、吐き気を伴い、意識を失って最悪の場合は死に至るとても危険な病気です。

クモ膜下出血を起こしてしまった場合、患者は強い痛みで何も出来なくなってしまいます。

もし、これらの病気のようなひどい頭痛に襲われている人を見かけたら、すぐに救急車を呼んであげることが一番の対処法です。

スポンサードリンク

強い頭痛に襲われて、少しでも普段の頭痛とは違うと感じたら、すぐに病院に行って医師の診察を受けるようにしてください。

こめかみの痛みや吐き気がする場合の対処法は?

次に、こめかみが痛むタイプの頭痛にはどのような原因が考えられるのか、詳しく解説していきます。

偏頭痛

こめかみが脈拍に合わせてズキンズキンと痛む場合、もっとも考えられるものは偏頭痛です。

偏頭痛は頭痛持ちの人が患っている2大頭痛のうちの1つであり、生活リズムの乱れやストレス、気圧や気温の変化が主な原因となって痛みが起こります。

偏頭痛が起きると、こめかみの激しい痛みの他にも、吐き気がしたり、光や音に過敏になるなどの症状が現れます。

普段からストレスを溜めないように、趣味でストレスを発散できるものを見つけておくこと、規則正しい生活をすることが主な対処法として挙げられます。

事前に天気が悪くなり、気圧や気温が変化することが分かっていた場合は、痛くなる前に頭痛薬を飲んで備えておくことも良いでしょう。

 
【関連記事】

偏頭痛の治し方!薬に頼らずに生活習慣を改善することで頭の痛みを緩和することが出来る!

2017.01.29

長年悩まされた偏頭痛をある2種類の方法で改善!その対策予防法をご紹介!

2017.01.27

脳梗塞

脳の血管が血栓などが原因で詰まってしまい、血液の流れが止まってしまう病気です。

発症すると、後遺症が残りやすく再発も高い確率で起こります。

脳梗塞を起こすと呂律が回らなくなり、手足のしびれや、麻痺、吐き気などが現れます。こめかみに脳梗塞が起こった場合は痛むこともあるため、頭痛以外に上記の症状が現れたらすぐに救急車を呼んだ方が良いでしょう。

偏頭痛が持病である人は頭痛により血管が傷付いていることが多いため、脳梗塞を発症しやすいと言われています。

偏頭痛が起きたとき、症状がひどいと思ったらそのままにせず、すぐに病院に行って医師の診察を受けましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか?

前頭部に頭痛が起こる原因と考えられる重篤な病気について詳しくご紹介しました。
やはり人間にとって頭というのは一番大事な部位といっても過言ではないので、普段と少し違う痛みを感じる場合は少し慎重になった方がいいかもしれません。

特に重篤な症状を伴ってしまった場合は自己判断せずに、すぐに病院を受診することが重要になってきます。自分で病院に行くことが出来ない場合は、救急車を呼ぶなど、第三者に助けを求めるようにしてください。

これは私が実際に体験しかけたことなんですが、ひとり暮らしの場合だと部屋の中で意識を失ってしまうとそのまま発見が遅れて命を脅かすことになります。ちょっと危険だなと思ったときはすぐに部屋の外に出て救急車を呼んだり、待ったりした方がいいと思いますよ。

私の場合は頭痛ではなかったんですが、外で救急車を呼び、外で待っていました。
最悪、外で意識を失ったとしても誰かが発見してくれる安心感というのがあったので動ける場合は部屋にいるよりは外に出た方がいいかなと自身の体験で実感しました。

でも、そうなる前に日々の健康管理や生活習慣の見直しなどをしっかりとして上記のような状況にならないのが一番なんですけどね。

みなさんも日々の健康管理を大事にしましょう!

スポンサードリンク