頭痛の場所が変わる2つの原因とは?頭頂部や左側が痛む場合の病気も教えて?

頭を押さえる女性

頭痛は頭痛だけど、その時々によって頭痛の場所が変わる…そんなことを経験したことはありませんか?

頭痛の場所が変わるのはいったいなぜなのでしょうか。

スポンサードリンク

今回は頭痛の場所が変わる原因と、頭頂部や左側など局所的に痛む場合に考えられる病気についてご紹介していきたいと思います。

頭痛の場所が変わる2つの原因ってなに?

頭痛の場所が変わる原因としては、片頭痛と緊張性頭痛の2つがあげられます。

片頭痛

1つ目は片頭痛です。

片頭痛とは「偏頭痛」ともいいますが、頭の片側だけが痛むわけでなく、片側だけのときもあれば両側痛むこともあり、日によって痛みの場所が違うこともあります。

片頭痛は血管性頭痛の1つで、血管の拡張が原因であると考えられています。

そのため血管の拍動に伴ってズッキンズッキンと脈打つような痛みを生じるのが特徴的で、「閃輝暗点」というピカピカしたものが視野に出現する、片頭痛の前兆がみられることもあります。

片頭痛は血管の拡張が原因でおこりますが、それは血中のセロトニンとも深く関係しています。

このセロトニンは神経機能を調節する役割を持っており、精神を安定させたり、血管を収縮させたりするはたらきがあります。

セロトニンは、ストレスなどなんらかの誘因によって分泌が促進されると、まず血管が収縮します。

そしてストレスなど原因が去っていくと今度はセロトニンの分泌量が減少し、血管は拡張してその結果、片頭痛が起こるとされています。

緊張性頭痛

2つ目は緊張性頭痛です。

緊張性頭痛は頭全体がぎゅーっと重く締め付けられるような痛みが出現するのが特徴で、主に筋肉の緊張によって引き起こされます。

また頭痛とともに肩こりや首の痛みを訴える人も多く、精神的・身体的ストレスが原因となることが多いとされています。

このようなストレスが筋肉の収縮を引き起こし、緊張性頭痛が起こるのです。

頭頂部や左側が痛む場合に考えられる病気は?

頭を抑えて下を向く女性

頭頂部や左側など、頭皮が突っ張るようなピリピリとした痛みが限局的に生じる場合、まず考えられるのが頭部神経痛です。

また上記でもあげたように、ズキンズキンと拍動に応じて痛みが生じる場合は片頭痛、そして激しい痛みが右側か左側のどちらかに起こる場合は群発頭痛が考えられます。

頭部神経痛

頭部神経痛は、頭部の皮膚の知覚神経を司る神経です。

この神経が刺激されると、左右や頭頂部の皮膚がピリピリと突っ張るような痛みを感じます。

スポンサードリンク

痛みの持続時間は30秒未満の短いものであることが多く、髪を引っ張ったりくしでとかしたりするだけで痛みが生じる場合もあります。

群発頭痛

群発頭痛は群発期間とよばれる発作期間に集中して起こる頭痛で、特に男性に多いとされています。

症状は目の奥から側頭部にかけて、左右のどちらかに痛みが生じます。

この時の痛みは錐などで目をえぐられるような激しい痛みで、大体数十分~数時間程度続きます。

群発頭痛は内頚動脈から眼動脈の血管が拡張することで浮腫や炎症が起こり、痛みが生じると考えられています。

飲酒や喫煙が誘因となることが多く、一度群発頭痛が起こると1週間から数か月ほど、毎日群発頭痛が起こるのでとても辛い頭痛の一種と言われています。

頭痛の場所が変わるときの対処法は?

頭痛の場所が変わる際の治し方や対処法などは、頭痛の種類によって大きく異なるため、それぞれについて紹介します。

片頭痛

片頭痛に対しては服薬治療が効果的だといわれています。

片頭痛の薬には大きく分けて2つの種類があり、予防薬として使用される塩酸プロプラノールや塩酸フルナリン、そして発作時に有効なスマトリプタンがあげられます。

これらをその時々に応じて有効に利用することで、発作を予防したり痛みを緩和させることができます。

また、片頭痛の原因となるストレスを取り除くことも必要です。

そのため、たまには自分だけのゆったりとした時間を設けたり、好きなことをする時間を作ってストレスを発散させることも大切ですよ。

緊張性頭痛

緊張性頭痛はストレスが原因となることが多いため、このストレスを緩和させることでよくなることが多く見られます。

そのため、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切なんですね。

ストレス解消だけではよくならない場合は、心理療法や精神的アプローチ、さらには消炎鎮痛剤や安定剤などの薬を用いることもあります。

頭部神経痛

頭部神経痛は内服によってよくなることが多いです。

内服の種類としては、抗てんかん薬とビタミンB12がよく用いられます。

抗てんかん薬は神経細胞の興奮を鎮静させ、ビタミンB12は神経の修復させる役割があります。

また内服で改善しない場合は神経ブロックという、痛みを感じる神経を遮断する注射が行われることもあります。

群発頭痛

群発頭痛は飲酒や喫煙が誘因となるため、まずはこれらを控えることが重要となってきます。

また、激しい痛みが襲うため、多くは薬物療法がおこなわれます。

群発頭痛が起こってしまったら、スマトリプタンが効果的だとされています。

また頭痛が落ち着いている間欠期にカルシウム拮抗剤や抗ヒスタミン剤、ステロイドなどを内服することで予防効果があることが分かっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

頭痛と一言で言っても、頭痛の場所が変わるものや、頭頂部、左右どちらかが痛むものなど様々な頭痛があります。

そのため頭が痛い場合は自己判断せず、一度病院で診てもらうのがよいでしょう。

頭痛は生活や仕事に支障が出るものもあるため、無理をせず早めに病院へ行くことをおすすめします。

頭痛の種類に合った適切な治療で、頭痛とうまく付き合っていきましょう!

スポンサードリンク