緊張型頭痛には温熱療法が効く?治療には何がいいの?

緊張型頭痛でマッサージ

頭部の一部ではなく全体に
影響が出てしまうという、緊張型頭痛。

緊張型頭痛には精神的なものと
身体的なものとの2つの原因から頭痛の
症状が出るといわれています。

スポンサードリンク

数ある頭痛のなかでもかなり
苦しい症状のひとつですが、どういう病気で、
どうすれば治せるのか…?

慢性的な頭痛になる前に
対策&対処をして行きたいですよね。

緊張型頭痛とそのメカニズムに
ついて迫っていきたいと思います。

そもそも緊張型頭痛とはどんな病気?

緊張型頭痛という病気は、
そもそもどういう病気なのでしょうか?

これが生じる原因となるのが、
頭部から肩のあたりの筋肉の緊張です。

ここが長い間、緊張してしまい、
頭痛へとつながっていくわけです。

筋肉の緊張が頭痛へと
つながるのは、神経のせいなんですね。

頭部につながっている
神経に影響が出てしまうということです。

緊張型といえば、精神的な緊張を
イメージしそうですが、緊張型頭痛の場合は、
あくまでも原則としては筋肉の緊張ということです。

ただし、精神的な緊張によって
緊張型頭痛へと発展してしまうという
ケースもあることはあるようですね。

これには自律神経が関わっており、
この自律神経の問題については、後ほど、
あらためて見ていきたいと思います。

薬以外で治すためにはどうする?

このような緊張型頭痛を
治すためには、薬しかないのでしょうか?

たしかに、緊張型頭痛に関わらず
頭痛とくれば、薬に手を出しそうになりがちです。

場合によっては、薬で
対処するしかないようなものもあります。

スポンサードリンク

しかし、薬以外でも
まったく手がないわけではありません。

その一例が温熱療法というものです。
温熱療法とは、文字どおり、温熱を体に
あたえることによって病気を治すというもの。

次で触れる自律神経の病気も、
温熱療法によってある程度対応することが可能です。

温熱療法は、お灸とは異なりますが、
体の特定部分に高熱を与えるという方法で行われます。

徐々に高熱を与えられる部位が
熱くなっていき、もう我慢できないという状況に
なって、別の部位へ移動となります。

怖そうにも思えますが、
慣れればそこまで大変なものではありません。

緊張型頭痛には自律神経も関係?

さて、緊張型頭痛と自律神経の関係についてです。

自律神経という言葉はかなり有名なので、
聞いたことがある人もかなり多いことでしょう。

そう、あの「自律神経失調症」ですね。

一定のストレスが続いてしまうと、
普段は普通に機能しているはずの自律神経と
いうものが、次第におかしくなり出す
ということがあり得ます。

誰にでも起こりうることで
あるというのが、自律神経失調症の怖いところですよね。

この自律神経失調症になること
によって、頭痛の原因となってしまうこともあります。

緊張型頭痛だけに限った話ではありません。
緊張型頭痛も嫌ですが、それ以外の頭痛も避けたいものでしょう。

普段からストレスを溜めるのは避けたいものですね。
社会に出るといろんなことが原因でストレスを溜めやすく
なりますが発散することも大事なので、上手く捌け口を
見つけることが肝になるでしょう。

まとめ

温熱療法は、最初は怖そうに
思えますが、案外、そう怖くはありません。

何度も体験すれば、
まったく何も感じなくなるでしょう。

とはいっても、そういうことに
ならずにすむよう、ストレスを溜め込まないように
留意したいものですね。

ストレスと頭痛は切っても切り離せない関係性ということです。

スポンサードリンク