車酔いで頭痛は起こる?吐き気も同時に起こった場合の治し方と対処法!

バスに乗車している人達

私たちは普段から新幹線、タクシー、自家乗用車など移動のために様々な乗り物に乗りますよね。

それらの乗り物に乗っている最中、車酔いを起こして、辛い思いをした経験はありますか?視界がぐるぐると回り頭痛がしたり、気持ち悪くなってしまう車酔いはとても辛いものです。

スポンサードリンク

しかしなぜ、車酔いが原因で頭痛は起きてしまうのでしょうか。
そして、車酔いを起こした時の症状にはどのようなものがあるのでしょうか…。詳しく解説していきたいと思います。

車酔いが原因で頭痛は起こる?

まず、車酔いや乗り物酔いが原因で頭痛は起こるのでしょうか。

単刀直入に言うと、車酔いが原因で頭痛は起こってしまいます。

車酔いが起こる原因には、視覚と平衡感覚を保つ役割を果たしている三半規管が関係しています。

乗り物に乗ると、道路の凹凸や線路の急カーブなどで、機体が激しく揺れることがありますが、私たちは乗り物の中にいる時、「外から遮断された空間にいて身体は動いていない」状態となっています。

窓の外を見ると風景は目まぐるしく変わっていきます。

しかし、自分の身体は動いていないのに、外の風景は移動している…。加えて、時おり激しい揺れが起こって身体のバランスが崩れる…。

この状態が長い間、続くことで三半規管と脳との感覚にズレが生じていき、乗り物酔いが起こってしまうのです。

乗り物酔いが起こると、頭痛、めまい、多量の発汗、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。

乗り物に乗る際の体調も深く関係しており、体調があまり優れていない状態(寝不足、多量の飲酒後、空腹時など)には酔いが起こりやすくなります。

他にも車の中でのタバコや、タクシーのシートの繊維の匂いなど、車内の匂いでも酔いが誘発されることがあります。

乗り物の中にいて、頭痛と吐き気に襲われるのは、とても辛いものですが、これらの症状が現れた場合、どのような対処法があるのでしょうか?

車酔いが原因で頭痛と吐き気が起こった場合の対処法は?

車酔いや乗り物酔いが原因で頭痛や吐き気が起こってしまった場合の対処法について詳しく見ていきましょう。

普段、車や電車などに乗る機会が多い人は覚えておくといいかもしれません。

椅子に座る

電車の中にいる時に激しい揺れが起こった場合は、座っている状態よりも立っている状態の方が車体の揺れを感じやすくなります。

身体が揺れると、それだけ酔いを起こしやすくなってしまうので、座席が空いている時は座って揺れの衝撃を少なくすると酔いにくくなります。

遠くの景色を見るようにする

三半規管は、近くの場所を見続けていると混乱を起こしやすくなります。

景色が見えやすい場所に座ることも大切ですが、窓が近くにある時は三半規管のバランスを取るためにも遠くの景色を見るようにしましょう。

寝てしまう

飛行機、新幹線、車の中にいると普段から酔いやすいという方は、気持ち悪くなったらそのまま寝てしまうのが一番手っ取り早い対処法です。

起きていても気持ち悪い状態は続きますし、機体が動いている限りは揺れも続きます。

酔ってしまった時は椅子に座って眼をつぶり、可能であればそのまま寝てしまいましょう。

スポンサードリンク

酔い止め薬を飲んでおく

乗り物酔いを起こしやすい自覚のある方は、乗り物にどうしても乗らなければいけない時に、事前に酔い止め薬を服用しておくと、酔いの防止にとても効果があります。

酔い止め薬は薬局に行けば簡単に手に入ります。

しかし、様々な種類が存在するため、いったいどれを買えば良いのかわからなくなってしまいがちです。

次の項目では乗り物酔いを緩和する市販薬をご紹介します。

 
【関連記事】

飛行機頭痛になる3つの原因や症状は?対策法についてもご紹介!

2017.03.14

車酔いや乗り物酔いを緩和する市販薬は?

気分爽快な女性

車酔いや乗り物酔いを緩和してくれる市販薬についてチェックしていきましょう!

トラベルミン

酔い止め薬の中で最も有名な種類の1つで、乗り物酔いの予防と、酔ってしまった際の症状を和らげる働きを持っているため、酔いの防止と症状の改善、両方に効果があります。

乗り物に乗る30分前に服用しておくことが推奨されています。

15歳未満は服用することができませんが、子供でも飲めるジュニアタイプも販売されているので、15歳未満の方はそちらを服用するようにしましょう。

エアスロート「ニスキャップ」

この薬は私が熊本に旅行に行った時にお世話になった酔い止めです。

行きの飛行機の道中で、上昇と下降に耐えられなくなった私は飛行機酔いを起こしてしまい、初日はずっと気分が優れない状態が続いていました。

帰りでもまた同じことが起こってしまうかもしれない。

私は東京に戻る前日に熊本の薬局に行って薬剤師の方に相談しました。

その時に進められたのが、このエアスロート「ニスキャップ」です。

3キャップ分と6キャップ分がありますが、私は3キャップ分を購入し、飛行機搭乗の30分前に服用して準備万端の状態で帰りの飛行機に臨みましたが、びっくりする程酔いが起きずにそのまま家路に着くことができました。

この薬も酔いの防止と、酔ってからの症状の緩和に効果のある薬で、食事をする前に飲んでも胃に負担がかかりません。

個人的に助けられたこともあるので、私はこのエアスロート「ニスキャップ」をおすすめかなと思いますね。(※もちろん効果には個人差があるので飲めば必ず効果があるというわけではありませんので悪しからず。)

15歳未満は服用することができないので、子供には飲ませないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

車酔いや乗り物酔いから起こる頭痛やその他の症状、そして対処法などについて詳しくご紹介しました。

よく三半規管を鍛えると乗り物酔いしにくくなるという都市伝説みたいな情報が一時期流れましたが、私自身は鍛えてどうにかなるものではないと思っているのでそちらの効果についてはよく分かりません。

乗り物に乗る予定があるときはなるべく体調を整え、不安なら酔い止め薬を事前に飲んでおくなどの対処をしておくと良いでしょう。

小さなお子さんなどは学校の遠足やスポーツ合宿など、みんなでバス移動する機会が多かったりするので、そういう場合もやはりお子さんでも飲める酔い止めを持たせてあげるといいですね。

薬局やドラッグストアにいる薬剤師の方に自分に合った酔い止め薬を選んでもらったりいろいろ相談してみるのもありだと思います。

スポンサードリンク